ホーム > しごと・産業 > 新産業創造 > 知財ビジネスシンポジウム2018を開催します

更新日付:2018年1月10日 新産業創造課

知財ビジネスシンポジウム2018を開催します

知財ビジネスシンポジウム2018

 県では、知的財産の普及啓発、活用促進に努めているところですが、一般社団法人青森県発明協会に委託して、平成28年度より、県内企業に対して、知財を活用した事業の評価を行いながら事業性の高い知財戦略の構築を支援する「知財活用ビジネス評価・強化事業」を実施してきました。 
 今回、当該事業に関わった県内中小企業6社の事業報告を兼ねた「知財ビジネスシンポジウム2018」を開催します。
 当日は、各企業の事業報告とともに、プロ棋士に初めて勝利した将棋プログラム「Ponanza」開発者の山本一成氏をお招きし、「人工知能はどのようにして「名人」を超えたのか?」をテーマに基調講演をしていただく、大変貴重な機会となっています。
 知的財産の活用方法を考えるとともに、今後の産業や社会を大きく変化させるといわれる人工知能(AI)について、第一人者の方から現在の動向を聴くことができる、絶好のチャンスです。ぜひ御参加くださいますようお願いします。

主 催

青森県知的財産支援センター(青森県、一般社団法人青森県発明協会)

開催日時

平成30年2月5日(月)14時45分から17時15分まで(交流会17時30分から18時30分まで)

開催場所

青森国際ホテル 3階 孔雀の間(青森市新町1-6-18)

参集

県内中小企業、金融機関、教育機関、自治体、支援機関ほか 定員100名

プログラム

[第1部]14時45分から15時50分まで
 あいさつ

 基調講演「人工知能はどのようにして「名人」を超えたのか?」
 講師 HEROZ株式会社 リードエンジニア 山本一成氏
 (将棋プログラム「PONANZA」開発者。愛知学院大学特任准教授)

[第2部]16時00分から17時15分まで
 知財活用ビジネス評価・強化事業成果報告

 モデル企業 
 伊勢屋金網工業株式会社、株式会社コーア、株式会社サン・コンピュータ
 株式会社フォルテ、mizuiro株式会社、むつ家電特機株式会社

 情報提供

申込方法

 申込用紙(チラシ裏面も可)に必要事項を記載の上、FAX、電子メールのいずれかの方法で
一般社団法人青森県発明協会までお申し込みください。
FAX:017-762-7352
電子メール:aomoriipc1@jomon.ne.jp

開催案内(チラシ)のダウンロード

この記事についてのお問い合わせ

一般社団法人青森県発明協会
電話:017-762-7351  FAX:017-762-7352

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度