ホーム > しごと・産業 > 新産業創造 > 平成28年度知的財産課題解決支援事業(知財専門家の講師派遣)のご案内

更新日付:2016年4月18日 新産業創造課

平成28年度知的財産課題解決支援事業(知財専門家の講師派遣)のご案内

  • 知的財産支援センタートップページ
  • センター概要
  • 行事予定表
  • 行事開催結果
  • 特許・商標等Q&A
  • 知的財産とは
  • 県内特許情報
  • 開放特許シーズ集
  • リンク

画像・アイーン博士
 県では、知的財産に関して複雑化する課題や多様化する相談者ニーズに柔軟に対応するため、弁理士など知的財産専門家の現地派遣による適切な助言及び研修等により、迅速な課題解決の支援を目的として標記事業を実施します。
 つきましては、事業を活用して『知的財産』に関する課題の解決を図りたい企業・団体等を下記により募集します。

◆ 28年度事業PRチラシ ◆

事業の内容

事業対象者
・青森県内に所在する企業
・青森県内に所在する各種団体
・青森県内に所在する学校教育機関及び試験研究機関
・その他県が認める上記に準ずる企業等
支援内容
 相談者(企業・団体等)が抱える知的財産に関する課題の解決を目的とした講義式の研修等を行うために必要な専門家を派遣します。
 派遣専門家の支援時間は、原則として1回の派遣につき3時間までとします。
 当該派遣に係る専門家派遣経費(謝金・旅費)は、県が負担します。

<主な知的財産に係る課題の事例>
・初心者を対象とした知的財産権制度の概要について
・企業等における研究成果の特許出願について
・学校教育機関における著作権の留意点について
・知財侵害訴訟の対応方法について
・企業経営における知的財産戦略の重要性についてなど

事業の申込み

事業申請書の提出
 本事業を実施しようとする応募者は、下記の実施要領にある派遣申請書(別紙様式)またはPRチラシ裏面に必要事項を記載の上、商工労働部新産業創造課(知的財産支援センター)に提出してください。
留意事項
○ 専門家との日程調整等で時間を要する場合がありますので、希望する派遣日の概ね3週間前までに、お申込みください。

○ 派遣申込み提出後、担当者と事前打合せをします。その際、事業の効果的な活用を図るため、応募者に対してヒアリングを実施することがあります。

実施要領

実施要領(様式)・記載例
平成28年度「知的財産課題解決支援事業」実施要領 専門家派遣申込書【ワード】 専門家派遣申込書(PDF・記載例)

上記の事業申請書(別紙様式)を郵送等により提出してください。

※別紙様式に換えてPRチラシ裏面を使用することもできます。
提出先
〒030-0801青森市新町二丁目4-1青森県共同ビル8F
青森県商工労働部 新産業創造課 知的財産支援グループ
TEL:017-734-9417
FAX:017-734-8116
sozoka@pref.aomori.lg.jp

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

青森県知的財産支援センター
電話:017-722-1111(代表)     直通:017-734-9417(直通)     FAX:017-734-8116
利用時間:午前8時30分〜午後5時15分    

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度