ホーム > しごと・産業 > 労働・雇用 > 高校生による県立職業能力開発施設等見学会を実施しました

更新日付:2018年2月2日 労政・能力開発課

高校生による県立職業能力開発施設等見学会を実施しました

 労政・能力開発課では、人手不足が懸念されているものづくり産業の即戦力となる人材を養成する職業能力開発施設について、現場・施設見学を通じて高校生に理解を深めてもらうとともに、将来の進路の選択肢として具体的にイメージできるように、現場で活躍している修了生との意見交換を実施し、ものづくりに対する関心を喚起する事業を行いました。

実施日

平成29年10月18日(水)

参加者

名久井農業高等学校環境システム科2年 生徒31名及び教員2名 計33名

実施内容

現場見学
八戸市にある北日本造船株式会社の豊洲工場に見学へ行きました。
船の部品を製作している工場内の見学とその部品が使用されているケミカルタンカーへ乗船しました。
  • 現場見学1-2
  • 現場見学1-3
  • 現場見学1-4
~参加者からの意見~
・実際に働いている現場の見学は、めったにできることではないので良い体験になった。
・現場で働いている人の生の声を聞くことができたのが良かった。
八戸工科学院での実習体験、学校紹介
八戸工科学院にて機械システム工学科の溶接や切削加工の実習体験と学校紹介を行いました。
  • 現場見学2-1
  • 現場見学2-2
  • 現場見学2-3
  • 現場見学3-1
~参加者からの意見~
・パンフレットだけではわからないことを知ることができた。
・八戸工科学院のことは見学前から知っていたが、今回の見学会を通じ、より詳しく知ることができた。
八戸工科学院の修了生との意見交換会
八戸工科学院の修了生と高校生が、八戸工科学院への入校動機や現在の仕事のやりがいなどについて意見交換しました。
  • 現場見学4-1
  • 現場見学4-2
  • 現場見学4-3
  • 現場見学4-4
~参加者からの意見~
・修了生との意見交換で、普段聞くことのできないことを多く知ることができた。
・具体的に進路について聞くことができ、とても将来の参考になった。
・現場で働いている人からの生の声は、とても現実味があり参考になった。
・実際に学校を卒業した修了生のお話を聞けるというところがとても良いと思った。

 本事業を通じて、参加した高校生は職業能力開発施設やものづくり産業について関心をもってもらえたようです。
 なお、県では八戸工科学院のほかにも、県内の主要な地域で職業能力開発(職業訓練)を実施しております。詳しくは、県立職業能力開発校ポータルサイトをご覧ください。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

商工労働部 労政・能力開発課 職業能力開発グループ
電話:017-734-9415  FAX:017-734-8117

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度