ホーム > しごと・産業 > よくある質問 > むつ小川原開発とはどのようなプロジェクトですか?

更新日付:2009年6月22日

むつ小川原開発とはどのようなプロジェクトですか?

回答

 むつ小川原開発は、昭和44年に策定された新全国総合開発計画以降、累次の全国総合開発計画に位置付けられるとともに、国、青森県、産業界などが一体となって取り組んできた国家プロジェクトです。
 むつ小川原開発地区は六ヶ所村から三沢市北部に至る臨海部に位置し、約5,180haの広大な用地を有しており、国家石油備蓄基地や原子燃料サイクル施設が立地するなど、我が国のエネルギー政策に大きく貢献しているほか、研究施設や成長産業が立地し、多角的な土地利用も進んでいます。また、港湾、道路などのインフラも整備されています。
 平成19年5月、県では、2020年代までの開発の基本的指針として「新むつ小川原基本計画」を策定し、世界に貢献する新たな「科学技術創造圏」の形成に向けて、環境、エネルギー及び科学技術分野における研究開発機能の展開と成長産業等の立地展開に取り組んでいるところです。
関連ホームページ

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

エネルギー総合対策局 エネルギー開発振興課 総務・むつ小川原開発グループ
電話:017-734-9740  FAX:017-734-8213

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度