ホーム > しごと・産業 > 農業(畜産) > 口蹄疫とはなんですか?

更新日付:2016年6月6日

口蹄疫とはなんですか?

回答

 口蹄疫とは、口蹄疫ウイルスの感染による偶蹄類(牛、豚、羊、山羊等)の伝染病です。「家畜伝染病予防法」の家畜伝染病に指定されており、万一発生した場合は、同法に基づく防疫措置がとられます。
 成長した家畜での死亡率は低いですが、伝染力が極めて強く、最も警戒すべき伝染病の一つです。
 口蹄疫ウイルスに感染すると、発熱やよだれ、口の中や蹄の付け根などに水疱(水ぶくれ)ができたりするなどの症状がみられます。
 なお、口蹄疫は人には感染しませんが、ウイルスが靴などに付着し、他の家畜へ運ばれて、感染を起こす可能性があります。
関連ホームページ

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

農林水産部 畜産課 衛生・安全グループ
電話:017-734-9498  FAX:017-734-8144

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度