ホーム > 県政情報 > 広報広聴 > 「攻めの農林水産業」とは?

更新日付:2020年5月27日 

「攻めの農林水産業」とは?

回答

 「攻めの農林水産業」とは、生産から流通・販売までを結び付け、収益性のアップを図ることを基本に、消費者視点に立った安全・安心で優れた県産農林水産物やその加工品を生産し、売り込んでいくという販売を重視する農林水産業の振興策で平成16年度から推進しています。
 令和元年度から始まった第4期目の「攻めの農林水産業」では、令和5年度を目標年次に、「農林水産業の持続的成長と共生社会の実現」に向け、「農林水産業の収益力強化」と「共助・共存の農山漁村づくり」につながる施策を好循環させながら、次の5本柱で展開しています。

〇消費動向の変化を見据えた販売戦略の展開
〇労働力不足の克服と安全・安心・高品質生産
〇山・川・海をつなぐ「水循環システム」の再生・保全
〇連携・協働・交流による活力ある農山漁村づくり
〇農林水産業の成長と共生社会を支える人財育成

関連ホームページ

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

農林水産部 農林水産政策課 企画調整グループ
電話:017-734-9457  FAX:017-734-8133

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度