ホーム > しごと・産業 > ICT(情報通信技術) > 視覚・聴覚障害者に対するICT利活用の支援 ~MCF社会貢献賞受賞「視覚・聴覚障害のある方にiPadを教える人財育成講座」(弘前会場)受講生募集~

更新日付:2015年7月17日 情報システム課

視覚・聴覚障害者に対するICT利活用の支援 ~MCF社会貢献賞受賞「視覚・聴覚障害のある方にiPadを教える人財育成講座」(弘前会場)受講生募集~

 情報通信技術(ICT)を利活用することで、視覚・聴覚障害者の皆さんの生活や趣味がより充実するものと考えられますが、障害を持った方のICT利活用には、特有の課題も存在します。
 そこで、県では下記の事業を実施し、視覚・聴覚障害者のICT利活用を支援します。

 この取組は、モバイルを使った優秀な製品・サービスに贈られるモバイルプロジェクト・アワード2014 MCF社会貢献賞を受賞しました。
 詳細は、こちらをご連絡ください。

「視覚・聴覚障害のある方にiPadを教える人財育成講座」(弘前会場)受講生募集!!

 視覚・聴覚障害がある方でも使えるiPadの操作方法を覚え、身近にいる障害者の方の生活や趣味をより充実したものになるようお手伝いをしませんか?
 この講座では、「視覚・聴覚障害のある方にiPadを教える人」を育成します。
  • 対象:視覚・聴覚障害のある方にiPadの使い方を教えられるようになりたい方
        (原則として、全ての回に参加できる方)
  • 定員:9名程度
  • 日時:平成27年9月3日~10月29日の毎週木曜日(全9回) 18時30分~20時30分
  • 場所:ヒロロスクエア(弘前市駅前町) 3階 多世代交流室2他
  • 受講料:無料
  • 講師:エイチピースタイリング代表 髙森 三樹 氏
  • 11月中旬から、五所川原市において、本講座修了生等を対象としたステップアップ講座の実施を予定しています。(参加は任意です。)
※本講座は、県が特定非営利活動法人あおもりIT活用サポートセンターに委託して実施するものです。

視覚・聴覚障害者のためのICT利活用サポーター育成事業(平成25・26年度)

平成24年度の調査結果を踏まえ、「視覚・聴覚障害者の方向けにiPadの便利な利活用方法を教えられる人財」の育成を特定非営利活動法人あおもりITサポートセンターと連携して実施しました。

【事業報告書】
H26視覚・聴覚障害者のためのICT利活用サポーター育成事業業務報告書 PDFファイル 223KB
H25視覚・聴覚障害者のためのICT利活用サポーター育成事業業務報告書 PDFファイル 149KB

【事業内容】
(1)視覚・聴覚障害のある方にiPadを教える人財育成講座
 視覚・聴覚障害者向けにiPadの操作方法を教える際に必要な知識や技術を習得するための講座を開催しました。
 講座の詳細は本事業を委託するNPOのWebページをご覧ください。
視覚・聴覚障害のある方にiPadを教える人財育成講座

(2)事業者向け講習会
 iPadの販売等を行う事業者を対象に、視覚・聴覚障害者向け機能についての講習会を実施しました。
視覚・聴覚障害者向けiPad講習会教習マニュアル

平成24年度実施事業

災害時における視覚・聴覚障害者のためのICT利活用アンケート調査
 青森県視覚障害者福祉連合会、青森県ろうあ協会及び視覚・聴覚障害の皆さんと連携し、スマートフォン等の通信機器類の活用状況を調査・検討しました。

リンク

この記事についてのお問い合わせ

情報システム課 地域IT推進グループ
電話:017-734-9158(直通)  FAX:017-734-8036

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度