ホーム > しごと・産業 > ICT(情報通信技術) > オープンデータを利活用したワークショップ「オープンデータアイデアソン」を開催しました

更新日付:2017年5月9日 情報システム課

オープンデータを利活用したワークショップ「オープンデータアイデアソン」を開催しました

 オープンデータ利活用推進の一環として、私たちにとって身近な「健康」をテーマにした、データの利活用方法について考えるアイデアソン形式のワークショップを弘前市と協働して開催しました。
 ワークショップでは、参加者を4つのグループに分け、データを活用した地域活性化や新たなサービス創出につなげられるようなアイディアを考えていただきました 。

Facebookページでも紹介しています。

開催日

第1回目 平成29年2月25日(土曜日)10時~16時
第2回目 平成29年3月4日(土曜日)10時~16時30分

※ 3月4日は、インターナショナル・オープン・データ・デイ2017(世界中の国や都市で同時開催されるオープンデータ推進イベント)の弘前会場のイベントとして開催しました。

会場

土手町コミュニティパーク多目的ホールA(青森県弘前市土手町31番地)

司会(メンター)

株式会社ソフトアカデミーあおもり

発表テーマ

<Aグループ>
テーマ:ハッピーウォーキングひろさき~歩いて健康とポイントをGET~
概要:歩いた距離やコースがわかるウォーキング用アプリを開発し、利用者の歩いた距離に応じて、観光施設や運動施設で利用できるポイントを付与する
活用データ:地図データ(AED、信号機、歩道等)等

<Bグループ>
テーマ:超スーパー温泉~弘前モ"デ"ル~
概要:利用する度にバイタルデータを収集し、各利用者にあった健康情報を提供する温泉施設を開発する
活用データ:世代別バイタルデータ等

<Cグループ>
テーマ:家族の健康with"ハイテク"
概要:健康的なレシピや健康に関する情報を提供してくれる冷蔵庫を開発する
活用データ:健康レシピ、広報誌中の健康に関する情報等

<Dグループ>
テーマ:家族総健康化家族の力を借りて一家の大黒柱を健康に
概要:PTAなどの地域グループで、摂った食事のメニューをお互いに評価できるSNSを開発する
活用データ:健康レシピ、飲酒に関する情報等

会場の様子

  • グループワーク
  • グループワーク
  • 発表資料作成
  • 成果発表
  • 発表資料
  • 成果発表

参考

この記事についてのお問い合わせ

情報システム課 地域IT推進グループ
電話:017-734-9158  FAX:017-734-8036

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度