ホーム > しごと・産業 > ICT(情報通信技術) > オープンデータ利活用人財育成講座(平成29年度)を開催しました

更新日付:2018年3月2日 情報システム課

オープンデータ利活用人財育成講座(平成29年度)を開催しました

 オープンデータ利活用の推進の一環として、県内の大学生を対象に、データを読み取る力やデータを加工する技術を身につけてもらう人財育成講座を開催しました。

弘前大学編

日時
第1回目:平成29年10月18日(水)
第2回目:平成29年11月1日(水)
第3回目:平成29年11月15日(水)
第4回目:平成29年12月13日(水)
対象
理工学部3年生7名
講座の概要
オープンデータを利用した、グループワークでのスマートフォンアプリやWebサービス制作を全4回に分けて開催しました。講座の時間以外にも、チャット等を使用して講師と学生が連絡を取り、継続的に制作をサポートしました。
成果品
【電波強度マップ】
スマートフォンの電波受信強度が弱くなったり復活するタイミングで通知をするアプリです。電車移動中にスマートフォンのゲームアプリで遊んでいる時に、急に圏外になってプレーが中断することがあるという学生自身の経験から思いついたそうです。学生ならではのおもしろいアイデアでした。
【除雪ルート案内】
弘前市内の冬期の除雪状況や交通情報を地図上に表示するアプリです。こちらは地域課題解決という観点からテーマを設定しました。データ収集や開発の方向性の決定が思うようにいかず、なかなか開発を進めることができませんでしたが、このまま開発を続ければきっと県民の役に立つアプリになると思います。
【弘前さくらまつり駐車場マップ】
弘前さくらまつり期間中の駐車場の駐車状況等を地図上に表示するアプリです。こちらも地域課題解決という観点からテーマを設定しました。データ収集や、現在地取得機能実装のためのサーバー証明書取得など、グループで協力して頑張っていました。開発段階でビジネスへの展開も考えており、今後の取組が楽しみです。
講座の様子

八戸工業大学編

日時
第1回目:平成29年11月28日(火)
第2回目:平成29年12月12日(火)
第3回目:平成30年1月16日(火)
第4回目:平成30年2月14日(水)
対象
工学部3年生3名
講座の概要
オープンデータを利用した、個人でのスマートフォンアプリやWebサービス制作を全4回に分けて開催しました。講座の時間以外にも、チャット等を使用して講師と学生が連絡を取り、継続的に制作をサポートしました。
成果品
【八戸観光マップ】
八戸市内の観光スポットを地図上に表示するアプリです。利用者自身が各スポットについてコメントを書き込んだり、新たにスポットを追加することもでき、楽しみながら利用できるアプリになっていました。
【八戸市営バスマップ】
八戸市営バスのバス停を地図上に表示し、バス停どうしを結んで経路を表示したり、各バス停の時刻表を表示するアプリです。データ量が膨大だったため、今回は八戸市内一部地域のバス停に絞り込んでデータを収集しました。市内全域を網羅できればさらに便利なアプリになりそうです。
【八戸市避難所マップ】
八戸市内の避難所を地図上に表示するアプリです。表示された避難所をクリックすると、各避難所の住所等の詳細な情報が見られるようにしました。加えて現在地取得等の機能の実装にも取り組んでおり、今後の取組が楽しみです。
講座の様子

参考

この記事についてのお問い合わせ

情報システム課 地域IT推進グループ
電話:017-734-9158  FAX:017-734-8036

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度