ホーム > しごと・産業 > エネルギー開発振興 > 青森県未利用熱ポテンシャルマップについて

更新日付:2019年4月1日 エネルギー開発振興課

青森県未利用熱ポテンシャルマップについて

 県は、熱利用の推進に向けた検討の参考資料としていただくため、「青森県未利用熱ポテンシャルマップ」を公開しています。
 また、平成31年度に未利用熱を活用した事業等について検討する未利用熱活用モデル地域についても併せて公開します。

1 目的

 積雪寒冷地である本県は、冬季の暖房・融雪等に係る灯油代が家計や企業の重い負担となっている一方で、廃棄物焼却施設や工場等には使われずに捨てられている未利用熱が多く存在していることから、これらの未利用熱を有効に活用してエネルギー利用効率を高めていくことが重要であると考えています。

※未利用熱とは、廃棄物焼却施設や工場等の生産設備から発生する廃熱やボイラからの排気熱等、その事業者において活用しきれず、そのままでは廃棄することが見込まれる熱。

2 概要

 県では、未利用熱の賦存量及び熱需要量を把握することを目的として、県内事業者を対象に「排熱に関するアンケート調査」、「利用している熱に関するアンケート調査」及びヒアリング調査を実施しました。
 この調査は、未利用熱がどの地域にどの程度存在するかを把握した上で、熱を必要としている事業者等での活用について検討するための基礎資料となっています。

3 青森県未利用熱ポテンシャルマップ

 県では、上記2のアンケート調査及びヒアリング調査結果に基づき、「未利用熱を有している」と回答した事業者(供給側)、「熱を利用している、又は利用したい」と回答した事業者(需要側)をそれぞれ地図上にプロットした「青森県未利用熱ポテンシャルマップ」を作成しました。

青森県未利用熱ポテンシャルマップ[3974KB]

4 未利用熱活用モデル地域について

 県では、今回作成した青森県未利用熱ポテンシャルマップを活用し、未利用熱の活用可能性が高い3地域を「未利用熱活用モデル地域」として選定し、平成31年度に具体の事業等性について検討していくこととしています。
 また、モデル構築事業において、各地域の熱を供給する事業者(供給家)、熱を必要としている事業者(需要家)をプロットしたサブマップも作成しました。
 
 (1)東青地域 [295KB]
 (2)中南地域 [244KB]
 (3)西北地域 [229KB]

※ 割り当てられている番号は、個別の事業者を指すものでありますが、事業者名については公開しないこととしております。

5 留意点

 本マップは、あくまでアンケート調査及びヒアリング調査結果より得られたデータを基に作成したものであり、全ての未利用熱、熱利用の状況を図示したものではありません。
〒030-8570 青森県青森市長島1-1-1
青森県エネルギー総合対策局 エネルギー開発振興課
環境・エネルギー産業振興グループ 
TEL 017-734-9378 
FAX 017-734-8213

この記事についてのお問い合わせ

青森県エネルギー総合対策局 エネルギー開発振興課 環境・エネルギー産業振興グループ
電話:017-734-9378  FAX:017-734-8213

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度