ホーム > しごと・産業 > ICT(情報通信技術) > 緊急時情報力強化推進方針

更新日付:2013年6月5日 情報システム課

緊急時情報力強化推進方針

策定の経緯・目的

 東日本大震災では、ソーシャルメディア等インターネットを活用して安否確認が行われるなど、情報通信技術(ICT)が活用され、被災者の支えとして一定の役割を果たしたと言われています。一方、情報の途絶や錯綜などによる混乱が見られたことから、県では、災害等の緊急時に県民が安全・安心とコミュニケーションを確保するため、ICTを活かしてどのような対応をすればよいのかについての指針となる考え方を取りまとめることとしました。

 策定に当たっては、2012年7月、産学官の委員で構成する緊急時「情報力」強化検討会議を設置し、考え方をまとめて 
いただくとともに、シンポジウムを開催し、県民の御意見等も参考にしております。

 今後は、推進方針の内容を広く周知し、県民や県内の産学官・地域等への協力・理解を積極的に働きかけていきます。

緊急時情報力強化推進方針

 2013年6月5日(水)に開催した「IT戦略推進委員会」(委員長:CIO(最高情報責任者・佐々木副知事、委員:部局等の長)において、緊急時情報力強化推進方針を決定しました。

この記事についてのお問い合わせ

情報システム課 地域IT推進グループ
電話:017-734-9158(直通)  FAX:017-734-8036

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度