ホーム > しごと・産業 > エネルギー開発振興 > 「核融合エネルギー講演会」を3月29日に開催します

更新日付:2018年3月12日 エネルギー開発振興課

「核融合エネルギー講演会」を3月29日に開催します

未来のエネルギーとして期待されている核融合エネルギーについて学んでみませんか?

外交安全保障のスペシャリストである宮家邦彦氏による特別講演や、専門家による講演、核融合研究開発等に関する展示を行います。

参加をご希望の方は、参加申込書に必要事項をご記入の上、以下の申込先までお申し込みくださいますようお願いいたします。

皆様、どうぞお気軽にご参加ください。

概要

■日時

平成30年3月29日(木)13時30分~16時



■会場

青森国際ホテル 3階 萬葉の間 (青森市新町1丁目6−18)

■次第

①講演「先進的核融合中性子源A-FNSの実現に向けて-青森で中性子利用の新たな扉を開く-」
量子科学技術研究開発機構 六ヶ所核融合研究所 副所長 大平 茂 氏



②講演「リチウム資源回収プラントの実用化への展望-六ヶ所の核融合技術で新たなリチウム社会を-」
量子科学技術研究開発機構 六ヶ所核融合研究所 上席研究員 星野 毅 氏



③特別講演「変化する国際関係とエネルギー情勢」

キヤノングローバル戦略研究所 研究主幹 宮家 邦彦 氏



宮家邦彦氏 プロフィール

1953年、神奈川県生まれ。東京大学法学部を卒業後、外務省入省。外務大臣秘書官や在米国大使館一等書記官、中近東第一課長、日米安全保障条約課長、在中国大使館公使、在イラク大使館公使、中東アフリカ局参事官など数々の重職を歴任した後、05年外務省を退職し、外交政策研究所代表に就任。06年立命館大学客員教授、06年10月から07年9月まで、総理公邸連絡調整官を務め、09年からキヤノングローバル戦略研究所・外交安全保障研究主幹として今日に至る。





・併設展示

核融合研究開発パネル展示:量子科学技術研究開発機構



■参加料

無料



■主催

青森県ITER計画推進会議、青森県



■後援

文部科学省(予定)



■協力

量子科学技術研究開発機構、原子力産業と地域・産業振興を考える会



■参加申込先

青森県ITER計画推進会議 事務局(青森県商工会議所連合会)

〒030-8515 青森県青森市橋本2丁目2-17

TEL:017-734-1311/FAX:017-775-3567

E-mail:staff@acci.or.jp



■講演内容に関する問合せ先

青森県エネルギー総合対策局エネルギー開発振興課

〒030-8570 青森県青森市長島1丁目1-1

TEL:017-734-9725/FAX:017-734-8213

E-mail:enerugi@pref.aomori.lg.jp



■申込締切

平成30年3月22日(木)



■申込方法

案内チラシ裏紙に必要事項を記入の上、上記申込先までFAX、電子メールまたは郵送にてお申し込みください。



■案内チラシ

表紙PDFファイル[1274KB]

裏紙PDFファイル[236KB]

この記事についてのお問い合わせ

青森県エネルギー総合対策局エネルギー開発振興課
電話:017-734-9725  FAX:017-734-8213
〒030-8570 青森県青森市長島1丁目1-1

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度