ホーム > しごと・産業 > エネルギー開発振興 > 水素・燃料電池分野の取組

更新日付:2009年3月4日 エネルギー開発振興課

水素・燃料電池分野の取組

あおもり水素エネルギー創造戦略の策定

 青森県では、来るべき水素社会を先取りし、県内のポテンシャルを活かしながら、水素社会において優位性を持ちうる分野を抽出し、取り組むべき技術開発、先駆的プロジェクトの実施、関連立地推進のあり方等を示すことを目的として、平成18年1月に「あおもり水素エネルギー創造戦略」を策定しています。
 戦略では、水素社会までの到来までに、効果的に且つリスクを抑制しながら先行的な取組を行うために、水素社会までの発展プロセスの仮説を構築し、仮説に基づいたアプローチ戦略を盛り込んでいます。

○発展プロセスの仮説(短期)
■家庭部門
  コジェネレーションシステムの導入が進められる。当面の主力機器は、2003年に大手ガス会社が販売開始したガスエンジンであり、燃料電池は初期導入機という位置付けで導入が行われる。
 
■業務部門、産業部門
  ガスエンジンなどの従来機器によるコジェネレーションシステムの導入が進む。
 
■運輸部門
  ガソリン車又はディーゼル車とバッテリを組み合わせたハイブリッド自動車、天然ガスと水素の混合ガスであるHCNGを燃料とするHCNG燃料車などの導入、改良が進む。燃料電池車は実証段階にとどまるとみられる。

■エネルギー流通インフラ
  工業団地や集合住宅などの限られた範囲に供給する小規模マイクログリッドの導入が進む。この段階では、燃料電池で使用される水素は、都市ガス(天然ガス)、LPガス、灯油を電気・熱の需要地まで運んだ上で、燃料電池システムに組み込まれた改質器から得られるオンサイト改質又は副生水素が中心である。
○発展プロセスの仮説(中期)
■家庭部門
 燃料電池は、耐久性、大量生産技術等の進展を受けて、改良機段階さらには普及機段階に移行する。

■業務部門、産業部門
 現在研究段階にある溶融炭酸塩形(MCFC)及び固体酸化物形(SOFC)の燃料電池が商用化段階に入り、バイオガスなどが直接燃料として利用される。

■運輸部門
 燃料電池車については、連続運転時間が伸びた次世代車の実証段階に入る。
 内燃系の従来車に関しては、燃料としてバイオマス由来燃料であるBDF、BTLの利用が広がる。

■エネルギー流通インフラ
 マイクログリッドが、制御技術の確立等を受けて商用化段階に移行する。
 燃料電池車が商用化段階に入る後半には、水素製造地点の周辺に限り水素供給インフラが整備され、水素供給が開始される。
○発展プロセスの仮説(長期)
■家庭部門
 燃料電池が一層の低コスト化技術の進展を受けて、本格普及機の市場投入が行われる段階に入る。

■業務部門、産業部門
 燃料電池が大量生産による低コスト化を受けて、コジェネレーションにおいて一定の位置を占める。燃料電池の燃料多様化技術も、研究・実証試験段階から実用段階に移る。

■運輸部門
 次世代の燃料電池車が主にガソリン車のシェアを奪う形で普及する。

■エネルギー流通インフラ
 発電事業においては、集中型発電と分散型発電の調和が一段と進行する。
 水素流通については、製造地点と需要地点を結ぶ水素幹線パイプライン、地域内の水素供給インフラが整備される。この段階に至ると、風力、原子力からの水素製造が有望となる。水素の需要密度が低い地域などに関しては水素供給インフラの整備に時間を要するため、従来からの化石燃料(LPG、灯油など)の流通網が利用される。その場合には、水素を混合した化石燃料が利用され、環境負荷の低減に寄与する。
【取り組むべき重点分野】
○エネルギー製造に関する先駆的な取組
 青森県のポテンシャル(風力発電、原子力発電等立地、バイオマス賦存)を活かし、将来的に水素製造産業の集積を目指すために、水素製造・流通の分野において実現性の高い分野から先行的に取り組むことで、同分野のノウハウの獲得、県内への蓄積を通じて産業振興を図る。

○エネルギー流通インフラの整備促進
 エネルギーの地産地消のために欠くことができないマイクログリッドの整備に、他に先駆けて取り組んでいるという優位性を活かし、将来的には水素流通インフラ、マイクログリッドなどの地域内エネルギー流通インフラ整備、水素幹線パイプライン整備の早期実現を目指す。

○エネルギー高度利用システムの開発、導入促進
 寒冷地という特色を活かし、燃料電池排熱を利用した融雪システムなど、水素・燃料電池分野のアプリケーション技術の開発に取り組む。水素エネルギーを積極的に生活のなかに取り込むための環境づくりを行うことで、県民に理解の醸成を図り、水素社会への円滑な移行を目指す。

この記事についてのお問い合わせ

エネルギー総合対策局 エネルギー開発振興課 環境・エネルギー産業振興グループ
電話:017-734-9378  FAX:017-734-8213

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度