ホーム > しごと・産業 > エネルギー開発振興 > あおもり地中熱ホームページ[青森市 K様邸 (既築)]

更新日付:2012年3月30日 エネルギー開発振興課

あおもり地中熱ホームページ[青森市 K様邸 (既築)]

大地の熱を利用して快適生活と省エネを手に入れませんか?

  • 地中熱について
  • 地中熱の利用方法
  • 地中熱の住宅・施設利用
  • 地中熱の農業使用
  • 青森県の取組
  • 地下環境データベース
  • 資料ダウンロード
  • トップページ

地中熱利用ヒートポンプ使用 青森市 K様邸 (既築)
青森市 K様 (既築)
施工者(所在地) (株)設備技研オサナイ (弘前市)
施工年月 1990年7月
延床面積(坪数) 212㎡ (約64坪)
用途 暖房・給湯・融雪
ヒートポンプ出力 10kW
地中熱交換井 70m×1本
放熱器 セントラルヒーティング 全室暖房
融雪 40㎡
給湯システム

家主のコメント
築20年以上を経た建物で、灯油ボイラーを用いたセントラル暖房・融雪・給湯を行っていましたが、当時に比べ灯油単価が数倍に上がっていることや、冬場の多い時は月に800リットル以上の灯油を使用することから、地球やお財布に負担をかけずに持続可能な家にしたいと考えました。業者に相談したところ、既存の配管などが使えることと、費用もだいぶ安くできることから、施工を決めました。
2台のボイラーを、1台の地中熱ヒートポンプに置き換えました。また、太陽光発電システムも加えることで、低炭素ではなく、脱炭素を実現することが出来ました。ランニングコストは単純に比較はできませんが、灯油・ガスの使用がゼロになったという点ではかなり大きな効果があります。何よりも今後、石油の値上げや不足によって光熱費が大きく変動する事がないというのが一番だと思っています。
施工業者のコメント
K様邸では、直膨式地中熱ヒートポンプシステム(※)を採用しています。 地中熱を利用して暖房・給湯・融雪を1つの機器で賄うことができるため、エネルギー効率のよい、安価なシステムとなっております。
※直膨式地中熱ヒートポンプシステム…地中熱を直接冷媒で集熱させ、ヒートポンプの圧力で気体を循環させるため、循環ポンプが不要になります。さらに、屋外にも設置可能なため機械室が不要なこと、不凍液がないためそのメンテナンスが不要になることなどのメリットがあります。


この記事についてのお問い合わせ

エネルギー総合対策局 エネルギー開発振興課
環境・エネルギー産業振興グループ
電話:017-734-9378  FAX:017-734-8213

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度