ホーム > しごと・産業 > 原子力立地対策 > 旧原子力船「むつ」関連施設の概要

更新日付:2019年10月1日 原子力立地対策課

旧原子力船「むつ」関連施設の概要

 原子力船「むつ」は、昭和44年に進水し、翌年に大湊定係港に回航されましたが、昭和49年に出力上昇試験を実施した際、放射線漏れを起こし、改修工事などを経て、昭和63年1月にはむつ市関根浜の新定係港に回航されました。その後、出力上昇試験、海上試運転が行われ、平成3年2月に、わが国最初の原子動力実験船となり、4回にわたって実験航海を行った後、平成7年6月、その役目を終えました。
 「むつ」は原子炉室を取り外され、改造されて海洋地球研究船「みらい」として、平成9年11月に母港関根浜港に回航されました。
 取り外された原子炉室は、関根浜にあるむつ科学技術館に展示されています。

事業者へのリンク

この記事についてのお問い合わせ

エネルギー総合対策局 原子力立地対策課
電話:017-734-9738  FAX:017-734-8225

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度