ホーム > しごと・産業 > 農地・担い手・農村活性化 > 【黒石市】 農山漁村の「地域経営」取組事例

更新日付:2019年6月12日 中南地域県民局地域農林水産部

【黒石市】 農山漁村の「地域経営」取組事例


黒石地域担い手育成総合支援協議会の取組

 黒石市は平野部から中山間部での水稲、りんご、八甲田山麓での高冷地野菜のほか、近年はビニールハウス等を利用した施設園芸も盛んに行われている。
黒石地域担い手育成総合支援協議会では、これらの多様な担い手の育成を支援している。

1 マネジメント部会の運営

 地域経営体や専門家らでマネジメント部会を開催し、地域自らが核となるための地域課題等について意見交換を実施した。また、夕学講座と併催し、担い手の育成の観点から、新規就農者等に対し、専門家やファシリテーター等を活用した意見交換会や異業種交流会、先進地視察を実施した。

2 夕学(せきがく)講座の開催

 担い手の育成・確保に努めるため、異業種交流会や、総合経営相談などを含む夕学(せきがく)講座を開催し、新規就農者のフォローアップを行った。
 また、マネジメント部会と連携し、専門家やファシリテーターを活用した意見交換会や先進地視察を実施した。
  • せきがくこうざのようす
    夕学(せきがく)講座
  • せんしんちしさつけんしゅう
    先進地研修

3 黒石米のブランド化の確立

 米の消費量が減少している中、時代は用途別に個性的なコメを求めるようになった。そのため、寿司に向くという付加価値を持ったお米として、旧奨励品種の「ムツニシキ」を復活させ、平成30年度本格的販売に向けたプロモーションを実施し、ブランド化の確立を図った。
  • 田植の様子
    田植の様子
  • むつにしきポスター
    お披露目会ポスター

4 黒石産にこだわった新商品の開発

黒石1号を活用した新商品開発に向けた可能性調査を実施した。黒石ならではのこだわった新商品開発に取り組み、地域資源を活用した。
  • くろいしいちごう
    黒石1号
  • かこうひんの写真
    開発された新商品

この記事についてのお問い合わせ

中南地域県民局地域農林水産部 農業普及振興室
電話:0172-33-4821  FAX:0172-34-4390

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度