ホーム > しごと・産業 > 農地・担い手・農村活性化 > 【新郷村】 農山漁村の「地域経営」取組事例

更新日付:2019年5月31日 三八地域県民局地域農林水産部

【新郷村】 農山漁村の「地域経営」取組事例


新郷村担い手育成総合支援協議会の取り組み

 新郷村は、水稲にだいこん、ながいも、にんにく等野菜を組み合わせた複合経営に、花き、酪農、肉用牛が混在する個別経営主体の農業地帯です。
 農業者の高齢化や農業後継者不足が進展し、さらに農繁期の雇用労働力が不足していることから、水稲の薬剤防除や収穫・乾燥調製作業の委託希望農家が増加傾向にあり、受け皿となる経営体の育成や地域内での労働力確保、新規作物の定着や地域食材を活用した加工品開発が課題となっています。
 現在、新郷村担い手育成総合支援協議会では、労働力不足を補完する仕組みづくりや新規就農者、女性起業者の育成を支援しているところです。

1 連携・協働の場づくりに向けた取組

 第1回のマネジメント部会では、新規就農者等への支援強化に係る今年度の取組内容と関係者相互の役割について確認しました。第2回は、八戸学院大学堤准教授堤静子氏を講師に迎え、新規就農者との意見交換を行い、彼らが抱える課題や悩み、今後の目標、展望など様々な思いを共有することができました。
  • 第2回マネジメント部会
    第2回マネジメント部会

2 新規就農者の育成に向けた取組

 地域の先進農家を就農サポーターとして依頼し、栽培期間を通して新規就農者が相談できる体制づくりを行いました。また、ほ場巡回による直接指導や、先進地視察研修の実施により、新規就農者の栽培技術の向上定着のほか、新規就農者相互の交流の機会をつくることができました。
  • にんにくほ場の巡回指導の様子
    にんにくほ場の巡回指導の様子
  • JAあきた白神 園芸メガ団地視察
    JAあきた白神 園芸メガ団地視察

3 地域課題解決に向けた取組

 課題解決の糸口を探ることを目的に、総務省地域力創造アドバイザー高野誠鮮氏による講演会を開催しました。また、地域の農産加工品のブラッシュアップや、消費者が求める商品づくりについて考える機会として、地域商品のブラッシュアップや新商品開発へのアドバイス等を手掛ける白田典子氏を講師に迎え、「買いたくなるいもの」を考える研修会を行いました。参加者は消費者目線の商品づくりの重要性を学びつつ、地域の農産加工品の良さと改善の必要性にも気づかされ、今後につながる機会となりました。
  • 「買いたくなるいいもの」を考える研修会
    「買いたくなるいいもの」を考える研修会

この記事についてのお問い合わせ

三八地域県民局地域農林水産部 農業普及振興室
電話:0178-23-3794  FAX:0178-27-3323

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度