ホーム > しごと・産業 > 農地・担い手・農村活性化 > 【東通村】 農山漁村の「地域経営」取組事例

更新日付:2019年5月31日 下北地域県民局地域農林水産部

【東通村】 農山漁村の「地域経営」取組事例


東通村担い手育成総合支援協議会の取組

 東通村では、これまでマネジメント部会・キーパーソン合同会議を開催し、地域経営における取組方向の確認や計画の円滑な実施に向けて検討を行ってきました。

村田睦夫氏の取組(地域経営体発展支援事業)

 東通村で、夏秋いちごとにんにくを主体に栽培を行っている村田睦夫氏は、就農希望者の研修を積極的に受入れ、担い手の育成を行っています。
 平成30年度は、にんにくの優良種子確保を目的として、優良種子増殖ほを設置しました。近年は、夏秋いちごに加えてにんにくの栽培に取り組む新規就農者が増えていることから、優良種子を地域で生産し、産地化を図ることが期待されます。
 また、研修生が主体的に管理するための研修生専用ハウスを1棟設置し、より実践的な研修を行う環境を整え、担い手の確保に取り組んでいます。
  • にんにく優良種子増殖ほ
    にんにく優良種子増殖ほ
  • 設置した研修生専用ハウス
    設置した研修生専用ハウス

この記事についてのお問い合わせ

下北地域県民局地域農林水産部 農業普及振興室
電話:0175-22-2685  FAX:0175-22-3212

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度