ホーム > しごと・産業 > 農地・担い手・農村活性化 > 【大間町】 農山漁村の「地域経営」取組事例

更新日付:2018年3月30日 下北地域県民局地域農林水産部

【大間町】 農山漁村の「地域経営」取組事例


大間町地域農業再生協議会の取組

 大間町では、町内の漁協女性部・生活改善グループ4組織で「ツルアラメ」、「おこっぺもじゅく」等の地域資源を活用した新商品の開発・販売のほか、「オコッペいもっこ」の新たな担い手の確保に取り組んでいます。
 また、平成25年度にイオンリテール(株)の「フードアルチザン(食の匠)」に認定された、JA十和田おいらせ大間町野菜部会の「オコッペいもっこ(三円薯)」については、ほ場整備事業と一体的に生産と販売拡大への取組を始めています。
 平成29年度は、マネジメント部会・キーパーソン合同会議等を3回開催し、大間町地域経営体の将来ビジョンと、その実現に向けて、活発な意見交換が行われました。
  • マネジメント部会での検討
    大間町地域経営体の今後について意見交換

県外のイベントへの参加

 平成29年11月に仙台市で開催された「伊達美味マーケット」に出店し、「オコッペいもっこ」や「おこっぺもじゅく」のほか、「ツルアラメラーメン」などのPRを行いました。「おこっぺもじゅく」は好評で完売することができました。
  • 新青森駅での実地販売調査
    伊達美味マーケットでのPR

「オコッペいもっこ」の生産拡大に向けて

 JA十和田おいらせ大間町野菜部会では、 「オコッペいもっこ」が競争力ある産地として飛躍すること等を目的として、平成25年6月20日に、大間町、イオンリテール(株)、県民局などと「大間町オコッペいもっこ振興協議会」を設立しました。販売面で明るい兆しが見えたことから、オコッペいもっこの生産拡大に向け、希望する部会員に種いもが行き渡るように、種いもの生産に力を入れています。
 また、平成29年度は、ほ場整備後の新たな担い手の確保に向けて、検討会を4回開催しました。
  • イオンリテール(株)等との調印
    部会員で種いもの植付作業
  • 県内イオンでの販売促進活動
    花咲く種いもほ場

この記事についてのお問い合わせ

下北地域県民局地域農林水産部 農業普及振興室
電話:0175-22-2685  FAX:0175-22-3212

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度