ホーム > しごと・産業 > 農地・担い手・農村活性化 > 【板柳町】 農山漁村の「地域経営」取組事例

更新日付:2018年3月30日 西北地域県民局地域農林水産部

【板柳町】 農山漁村の「地域経営」取組事例


板柳町担い手育成総合支援協議会の取組

 板柳町はりんごと水稲の複合経営が多く、以前からこれら品目の産地形成を図ってきましたが、近年では、農業就業人口の減少や農業者の高齢化などによる担い手不足が大きな問題となっています。
 このため、板柳町担い手育成総合支援協議会では、ふるさとセンターを拠点とした若手農業者育成のための総合的な研修を実施し、りんご栽培の基礎知識・技術のほか、農業経営に必要な知識の習得を支援しています。

青年農業者研修「林檎まるかじり塾」の取組

 りんご産業の発展を担う人材を育成するため、青年農業者研修「林檎まるかじり塾」を平成24年に開講し、28年度までに67名の若手農業者が受講しました。

 平成29年度は、新たに19名の塾生が受講し、りんご栽培の基礎知識や技術等について先輩農家や専門家から学んだほか、県外販売研修では県外市場の動向や消費者の声に直に触れ、今後のりんご栽培や農業経営への反映が期待されます。

 ・対象者:板柳町民の農業者

 ・研修内容:栽培から販売、経営までの幅広いカリキュラムで、計45回開催予定(平成29年12月~平成31年3月)

 ・講師:(地独)青森県産業技術センターりんご研究所OB、種苗会社、生産者、県民局職員ほか
  • 接ぎ木実習の様子
    接ぎ木実習の様子
  • 剪定実習の様子
    剪定実習の様子

この記事についてのお問い合わせ

西北地域県民局地域農林水産部 農業普及振興室
電話:0173-35-5727  FAX:0173-33-1345

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度