ホーム > しごと・産業 > 農地・担い手・農村活性化 > 【田舎館村】 農山漁村の「地域経営」取組事例

更新日付:2019年6月12日 中南地域県民局地域農林水産部

【田舎館村】 農山漁村の「地域経営」取組事例


田舎館村担い手育成総合支援協議会の取組

 田舎館村は村内全域が平坦地で、水稲及びりんごを基幹としながら、トマト、花き、いちご等の施設園芸も盛んに行われている。また、古くからの米どころであり、田んぼアート発祥の地としても知られている。
 田舎館村担い手育成総合支援協議会では、基幹となる水田営農を担う経営体の育成に向け、その活動を支援している

1 組織力強化のための研修会

 農事組合法人アグリ田舎館は、経営体の安定的な運営及び地域を担う若手後継者の育成に取り組んでいる組織で、平成30年度、秋田県大館市の農事組合法人立花ファームへ赴き、大豆栽培におけるコスト削減への取組や経営体系の状況等について有意義な研修を行った。
  • 農事組合法人立花ファーム視察(秋田県大館市にて)
    農事組合法人立花ファーム視察(秋田県大館市にて)

2 新規就農者のための意見交換会

 藤崎町若手農業者の会「ワゲモンド」のメンバーを講師に招き、村内新規就農者を対象に、地域課題の解消に向けた取組及び担い手育成のための意見交換会を開催した。
  • 田舎館村若手農業者交流会
    田舎館村若手農業者交流会

3 米栽培技術向上のための研修会

 水稲の担い手農家で組織する「稲華会(とうげかい)」は、食味鑑定士協会名稲会(ダイヤモンド褒賞受賞)会員である、上和田有機米生産組合長遠藤五一氏を講師に招き、村のブランドとして推し進めている主食用米「あさゆき」等の生産技術向上と生産現場間の情報共有を図るため、研修会を開催した。
  • 栽培技術向上研修会で講演する遠藤五一氏
    栽培技術向上研修会で講演する遠藤五一氏

この記事についてのお問い合わせ

中南地域県民局地域農林水産部 農業普及振興室
電話:0172-33-4821  FAX:0172-34-4390

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度