ホーム > しごと・産業 > 農地・担い手・農村活性化 > 【藤崎町】農山漁村の「地域経営」取組事例

更新日付:2019年6月12日 中南地域県民局地域農林水産部

【藤崎町】農山漁村の「地域経営」取組事例


藤崎町担い手育成総合支援協議会の取組

 藤崎町は水稲や、にんにく等の野菜、りんご等の果樹を組み合わせた複合経営が主体であるが、高齢化等により労働力やオペレーターが不足している上、後継者も不足していることから、担い手の育成・確保が課題となっている。また、通年で出荷できる作物がないため安定的な収入が得られない状況にあることから、持続可能な農業生産体制の整備が必要となっている。
 そのため、藤崎町担い手育成総合支援協議会では、個別経営体及び組織経営体の育成、経営の多角化に向けた6次産業化の推進、新たなネットワーク形成による販路拡大、若手農業者の経営力強化に向けた活動等を支援している。

1 地域間連携による地域6次産業化の拡大

 地域間連携産品の開発及び販路開拓のため、1年中柑橘類が収穫できる三重県紀宝町と地域特産品等の共同開発を行い、開発した商品の加工等で雇用を創出し、販路開拓の取組を共同で進めることにより地域の活性化を図った。
  • 6次産業化の地域間連携
    販売会の様子

2 若手農業者の育成と経営力強化

 若手農業者の総合的スキルアップを目的として、若手農業者の会「ワゲモンド」による首都圏農産物直売会への出店や、自らが生産した農産物を使ったオリジナルPRアイテムの開発に取り組んだ。
  • 首都圏農産物直売会への出店
    首都圏農産物直売会への出店
  • ワックスバー
    オリジナルPRアイテム「アルストロメリアを使用したワックスバー」の開発

この記事についてのお問い合わせ

中南地域県民局地域農林水産部 農業普及振興室
電話:0172-33-4821  FAX:0172-34-4390

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度