ホーム > しごと・産業 > 農地・担い手・農村活性化 > 【西目屋村】 農山漁村の「地域経営」取組事例

更新日付:2019年6月12日 中南地域県民局地域農林水産部

【西目屋村】 農山漁村の「地域経営」取組事例


西目屋地域担い手育成総合支援協議会の取組

 西目屋村は、水稲や、りんご等の果樹を中心とした農業を展開しているが、高齢化による後継者不足と津軽ダム建設による農地及び人口減少が重なり、担い手の育成・確保が喫緊の課題となっている。
 そのため、村内の農業担い手組織である集落営農組織の経営安定化と、農地集積・団地化等の効率的で持続的な営農形成を目指し、令和元年度を目途に、村内で活動を行っている4つの集落営農組織を現存する一つの法人組織へ統合する取組を行っている。

1 各集落営農組織の経営の安定化

 西目屋地域担い手育成総合支援協議会と各集落営農組織が委託契約を締結し、「新規作物栽培実証実験」を実施している。つがる弘前農協の指導のもと、にんにくや、大豆の作付、取組の状況報告を行うことで、改善点を検証し、経営の安定化を図っている。関連して、人材のやりとり、機械の貸借等、組織間の交流も生まれている。
  • 農事組合法人にしめやのにんにく植付け作業
    「農事組合法人にしめや」にんにく植付作業
  • 田代集落営農組合の大豆刈取作業
    田代集落営農組合の大豆刈取作業

2 集落営農組織の統合及び農地集積へ向けた取組

 平成29年度は各集落営農の役員が先進地への研修を行い、運営体制、農地管理の役割分担、一般社団法人の有効利用等を学び、統合後の運営体制等の協議、統合への意識統一を行った。
 平成30年度は専門家を交え、事務の1本化、運営体制の検証を行った。
 令和元年度は、西目屋村の4集落営農組織の統合を目指す。
  • 外部専門家を交えた研修会風景

この記事についてのお問い合わせ

中南地域県民局地域農林水産部 農業普及振興室
電話:0172-33-4821  FAX:0172-34-4390

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度