ホーム > しごと・産業 > 農地・担い手・農村活性化 > 【外ヶ浜町】 農山漁村の「地域経営」取組事例

更新日付:2019年6月3日 東青地域県民局地域農林水産部

【外ヶ浜町】 農山漁村の「地域経営」取組事例


1 外ヶ浜町担い手育成総合支援協議会の取組

 外ヶ浜町には、6つの集落営農法人があるほか、各集落営農組織の連携などを目的とした外ヶ浜町農業・農村活性化協議会が組織されています。

 このことから、マネジメント部会では、法人経営に詳しい専門家を招き、集落営農の経営力向上や今後の取組についてついて意見交換を行いました。その結果、各集落営農組織の連携強化について意識統一され、広域連携法人設立の方向となりました。
 

2 農事組合法人 大平ファームの取組(H29地域経営体発展支援事業)

 農事組合法人大平ファームは、近隣集落の基盤整備を契機に、農地の集約により経営規模を拡大するため、パイプハウスを導入して生産基盤を整備したほか、法人経営の勉強会等を実施しました。

 また、近隣集落と連携した生産体制等について検討・整備したことで、地域内の人材を活用した労働力の確保や農地の維持、集落活動の活性化につながるモデル的な取組として町内外へ波及していくのではないかと期待しています。
  • 導入した育苗用パイプハウス
    導入した育苗用パイプハウス

3 外ヶ浜町農業・農村活性化協議会の取組(H30地域経営体発展支援事業)

 外ヶ浜町農業・農村活性化協議会では、集落営農組織の連携を進める中で、大豆等の作業の効率化による品質向上と担い手づくりを進め、町全体での共同生産体制の確立をめざしています。
 
 このため、マネジメント部会での検討を踏まえ、大豆等の栽培技術や加工品に関する勉強会を開催するなど構成員の意識を高めるとともに、作業の効率化に向け、町内6法人の大豆、そば、飼料用米の作業班を編成し、共同作業体制を確立しました。
  • 共同作業に使用される乗用管理機

この記事についてのお問い合わせ

東青地域県民局地域農林水産部 農業普及振興室
電話:017-734-9990  FAX:017-734-8305

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度