ホーム > しごと・産業 > 農地・担い手・農村活性化 > 【平内町】 農山漁村の「地域経営」取組事例

更新日付:2019年6月3日 東青地域県民局地域農林水産部

【平内町】 農山漁村の「地域経営」取組事例


1 平内町担い手育成総合支援協議会の取組

 平内町は農業と漁業の町で、ピーマンやそば栽培が盛んであるほか、漁業ではホタテやナマコの水揚げが県内トップクラスとなっています。
 農林水産資源が豊富な地域であるため、農漁家女性が中心となって加工・直売活動に取り組んでおり、最近では自治会単位で直売に取り組む事例もでてきました。

 このことから、協議会では販路拡大による組織の活性化や今後の方向性の検討を目的にマネジメント部会を開催して、専門家からの具体的なアドバイスをいただいたり、将来の担い手となる若手農業者を参集して情報交換等を行いました。

2 ハタケシメジの生産から加工・販売

 平成28年度に設立された藤沢活性化協議会が、同年7月には直売所「ふんちゃ」をオープン、農家所得の向上を図るだけでなく、住民間のコミュニティの場と位置づけて活動を展開しています。

 看板商品である「ハタケシメジ」の栽培と通年販売できる加工品の開発、町外へのPR不足等が課題であることから、平成29年度からは、栽培・加工・産直施設の視察研修、加工品開発やパッケージに関する研修会等を開催しています。
  • 商品開発に向けた研修会
    商品開発に向けた研修会

3 平内町の特産品をシリーズ化

 農・漁・商が連携して平内町の特産品を県外へPR・販売していくために、統一デザインのシールを作成し、商品のシリーズ化を図りました。

 また、県外での販路拡大に向けた商談会を実施したほか、農水産物の加工品を取り扱う市場を調査し、今後の加工品開発や販路開拓の参考としました。
  • 北海道札幌市で商談を実施

この記事についてのお問い合わせ

東青地域県民局地域農林水産部 農業普及振興室
電話:017-734-9990  FAX:017-734-8305

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度