ホーム > しごと・産業 > 農地・担い手・農村活性化 > 【弘前市】 農山漁村の「地域経営」取組事例

更新日付:2020年8月31日 中南地域県民局地域農林水産部

【弘前市】 農山漁村の「地域経営」取組事例


弘前市担い手育成総合支援協議会の取組

弘前市は、台地・丘陵地にはりんご園、平野部には水田が広がり、その中に大小の集落が点在し、古くからのコミュニティや独自の文化が比較的維持されている。効率的かつ安定的な農業経営を基盤とする農業構造の確立に向け、担い手の認定農業者への誘導や集落営農の組織化・法人化、その後の支援等により、地域の活性化と農業の体質強化に努めている。当事業では、地域を牽引し得る法人・組織の発展的な取組を支援している。

1 地域担い手育成マネジメント部会【地域マネジメント事業】

地域の担い手農家及び関係機関を集め、地域担い手育成マネジメント部会を開催した。近年は労働力不足にスポットを当て話し合い、不足する作業、募集方法、成功事例について情報を交換している。

  • マネジメント部会の様子
    マネジメント部会の様子

2 協議会主催事業による法人化研修会【全体事業】

地域農業の核となる担い手が、効率的な経営を営み、自立できる農業の確立を目指して様々な取組を進めている中、集落営農や個別経営体を問わず、経営基盤を強化する手段として、法人化は有効であるため、法人設立に関する事例や経営に関する情報の提供に取り組んでいる。
  • 平成26年法人化研修
  • 研修会
    ≪法人研修会の様子≫
  • 法人研修の様子

3 (農)鬼楢営農組合の取組【モデル事業】

土地利用型農業を主とする同組合が視察研修などで栽培技術を習得し、育苗ハウスでミニトマト栽培に取り組んでおり、ミニトマトを使ったイベントなども開催している。ミニトマトの導入により、作業時期の分散による地域の雇用の創出や、周辺農家に対する複合経営の啓発も期待される。
  • H270804 視察研修
    ≪ミニトマト視察研修≫
  • H280822ミニトマト販促イベント
    ≪ミニトマト販売促進イベント≫

4 弘前里山ツーリズムの取組【モデル事業】

市内でグリーン・ツーリズムに取り組む弘前里山ツーリズムでは、会員の高齢化が進む中で、若手農業者を会員へ誘導する活動として「里山フォーラム」と称したイベント開催やホームページの開設、新たな旅行商品の開発等に取り組んでおり、受入体制が強化されつつある。
  • H270211会員拡大フォーラム
    ≪里山フォーラムのチラシ≫
  • 会員の顔が見えるHP
    ≪会員の顔が見えるHP≫

この記事についてのお問い合わせ

中南地域県民局地域農林水産部 農業普及振興室
電話:0172-33-4821  FAX:0172-34-4390

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度