ホーム > しごと・産業 > 農地・担い手・農村活性化 > 【青森市】 農山漁村の「地域経営」取組事例

更新日付:2019年6月3日 東青地域県民局地域農林水産部

【青森市】 農山漁村の「地域経営」取組事例


1 青森市担い手育成総合支援協議会の取組

 青森市では、若い生産者を中心にミニトマトの栽培に取り組んでおり、平成28年度には青森農協ミニトマト部会が設立され、29年度からは産地確立に向けて国や市単独事業を活用して、青森市産トマト・ミニトマトの生産拡大を進めています。

 当協議会ではミニトマトの生産拡大に向けた課題の洗い出しと将来方向や新規就農者への支援手法等について協議したほか、弘前市や平川市の先進事例を視察しました。

 平成30年度には、取引単価が高く、出荷量も多い関東の市場関係者と意見交換をし、この中で青森市産ミニトマトの評価の高さを確認するとともに、産地として生き残っていくためには現在の品質を維持していく必要性があることを再確認しました。

 また、ジェイケイ・ラボラトリー代表の工藤淳生氏を講師に招き、青森市産農産物を消費者に選んでもらうための手法について関係者の意識を統一しました。
  • トマトの先進事例研修
    市場に出荷されている青森市産ミニトマト

2 株式会社松山ハーブ農園(地域経営発展支援事業)

 松山ハーブ農園では、にんにくの大規模栽培に取り組んでおり、効率的な作業体系の確立と規格外品を活用した新商品開発・販路開拓により、さらなる規模拡大と地域の雇用創出をめざしています。

 このため、地域資源の活用やブランド化に関する勉強会への参加やビジネスフェアへの出展により、需要の多い外食業界の事業者に対するPRと市場ニーズの動向などの情報取得ができ、新たな販路を創出することにつながりました。

 また、にんにく割機や皮剥機の導入により作業の効率化が図られました。

この記事についてのお問い合わせ

東青地域県民局地域農林水産部 農業普及振興室
電話:017-734-9990  FAX:017-734-8305

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度