ホーム > しごと・産業 > 農林水産政策 > 意欲溢れる攻めの農林水産業賞の候補者を募集しています

更新日付:2016年6月10日 農林水産政策課

意欲溢れる攻めの農林水産業賞の候補者を募集しています

 県では、平成16年度から、県産農林水産物の生産から流通・販売までを結び付け、消費者が求め、必要とする安全・安心で優れた県産農林水産物やその加工品を生産し、売り込んでいく販売を重視した「攻めの農林水産業」を関係団体などと一体になって進めています。
 また、今年度からスタートした第3期目の「攻めの農林水産業」推進基本方針においては、産業力と地域力の強化による農林水産業の成長産業化の実現を目指しています。
 そこで、この取組の一層の拡大と定着を図るため、生産・流通・販売面において「攻め」の姿勢で新たな試みへの着手や創意工夫を凝らし、収益力を高めるとともに、地域の活性化などに貢献している意欲溢れる生産者や団体等を表彰し、その取組を紹介することで、多くの農林漁業者にやる気をもって生産・販売に取り組んで欲しいと考え、優良事例を募集しています。

主催

青森県「攻めの農林水産業」推進本部

表彰内容

  • 賞の名称
    「意欲溢れる攻めの農林水産業賞」
  • 受賞対象者
    生産・流通・販売面において「攻め」の姿勢で新たな試みへの着手や創意工夫を凝らすとともに、地域の活性化などに貢献している県内の農林水産業の生産者・集団、加工グループ、農協・森林組合・漁協など。
    ただし、食品製造業者等との連携・協働の場合は、両者を連名で表彰対象とします。
  • 賞の内訳
    最優秀賞1点、優秀賞2点、奨励賞3点程度

表彰までのスケジュール

  • 募集期間
    ・平成28年5月23日(火)~7月29日(金)
  • 選考
    ・平成28年9月に学識経験者、生産・消費者団体の代表者等が選考します。
  • 表彰
    ・平成28年11月に開催予定の「攻めの農林水産業」推進大会で表彰します。

留意事項等

  • 応募は自薦、推薦を問いません。
  • 平成19~27年度に本事業で表彰された事例については、原則として対象外としますが、同じ生産者等であっても、取組内容が異なる場合は対象とします。
  • 入賞事例については、冊子に取りまとめるなど、本県の優れた取組事例として広く情報発信します。

応募方法

  • 最寄りの地域県民局地域農林水産部(農業普及振興室)へ応募用紙を提出
  • 平成28年7月29日(金)必着

表彰事業実施要領や各種様式はこちら

受賞者の紹介等

  • 平成27年度「意欲溢れる攻めの農林水産業賞」受賞者の紹介[2065KB]
    ○各事例の受賞のポイント
    ○最優秀賞:福澤 秀雄 氏(十和田市)
    ○優秀賞 :農事組合法人滝本水稲生産組合(平川市)
    ○優秀賞 :青森観光りんご園 川村 忠則 氏(青森市)
    ○奨励賞 :十三漁業協同組合(五所川原市)
    ○奨励賞 :蛯名 正雄 (むつ市)
  • 平成27年度「攻めの農林水産業」推進大会の内容[2275KB]
    ○事例発表
     福澤秀雄氏(十和田市)
     農事組合法人滝本水稲生産組合常務理事 大川喜慎氏(平川市)
     青森観光りんご園 川村美紀氏(青森市)
    ○特別講演
     講師 農林水産省顧問 皆川 芳嗣氏
     演題 グローバル経済を勝ち抜く「攻めの農林水産業」
  • 平成26年度「意欲溢れる攻めの農林水産業賞」受賞者の紹介
    ○各事例の受賞のポイント
    ○最優秀賞:アグリネット21
    ○優秀賞 :石黒司
    ○優秀賞 :風間浦村きあんこう資源管理協議会
    ○奨励賞 :農事組合法人嘉瀬生産組合
    ○奨励賞 :農事組合法人羽白開発
  • 平成26年度「攻めの農林水産業」推進大会の内容
    ○事例発表
     アグリネット21、風間浦村きあんこう資源管理協議会
    ○基調講演
     地域と共生する「よろこばれる農場」をめざして
     株式会社永井農場 代表取締役 永井 進 氏

この記事についてのお問い合わせ

農林水産政策課 企画調整グループ
電話:017-734-9457  FAX:017-734-8133

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度