ホーム > しごと・産業 > 森林・林業 > 林業労働力

更新日付:2017年8月28日 林政課

林業労働力

青森県の15才以上の林業就業者数は1,792人。

昭和55年に比べると、約4分の1ほど減少しました。そのうち、65歳以上の林業就業者は22%と高齢者の割合が過去最高水準となっており、担い手対策が急務となっています。(出典:国勢調査)

このため、若手就業者の確保・育成と作業の効率化を進める高性能林業機械の活用が必要になっています。
  • 高性能林業機械(ハーベスタ)での伐倒作業
  • チェーンソーによる伐倒作業
青森県では、林業や森林整備の担い手の確保等について、「林業労働力の確保の促進に関する法律」(平成8年法律第45号)に基づき、「青森県林業労働力の確保の促進に関する基本計画」を策定し、取り組んでいます。

なお、この計画は事業主が作成する労働環境の改善、募集方法の改善その他の雇用管理の改善及び森林施業の機械化その他の事業の合理化を一体的に図るために必要な措置についての計画(改善計画)認定の指針となるものです。

この記事についてのお問い合わせ

林政課整備グループ
電話:017-734-9507  FAX:017-734-8145

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度