ホーム > しごと・産業 > 森林・林業 > 青森トヨペット株式会社が南部町で平成29年度の森林整備活動を実施しました

更新日付:2017年9月8日 林政課

青森トヨペット株式会社が南部町で平成29年度の森林整備活動を実施しました

 青森トヨペット株式会社は、地域に根ざした環境保全活動として、南部町のスギ人工林約1.02㏊について委託による間伐を行いました。

 平成29年9月4日(月)には、若手社員を中心とした約40名の参加により第3回目の森林整備活動を行いました。森林の役割や手入れの必要性についてレクチャーを受けた後、枝打ち作業を行ったほか、チェンソーでの丸太切りや伐倒体験も行いました。
 当日は快晴となり暑い中での作業となりましたが、懸命に枝打ち作業に取り組んだ結果、林内が明るくなり、健全な森林となりました。
 そのほか、当日は、チェーンソーアートで作成された青森トヨペット株式会社のマスコットキャラクター「とよぴ」が、青い森カービングクラブから贈られました。

 手入れを行うことによって、公益的機能が十分に発揮される森林となるよう、青森トヨペット株式会社と青森県は今後も協力して森づくり活動を行っていきます
  • 高枝鋸で枝打ちをしました
  • チェーンソーで丸太切り
  • 伐倒体験も行いました
  • チェーンソーアートで作られた「とよぴ」
※この活動は、平成27年5月20日に青森トヨペット株式会社と森林所有者、青森県との間で締結した「青森県森林づくり協定」に基づいて行われたものです。今後、平成31年まで森林づくり活動を行っていく予定です。

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

林政課企画グループ
電話:017-734-9507  FAX:017-734-8145

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度