ホーム > 生活・環境 > 食の安全・安心 > 「エコファーマー」認定制度

更新日付:2016年7月14日 食の安全・安心推進課

「エコファーマー」認定制度

エコ農業学校第1回講座開催!!

環境にやさしい農業について詳しく知るための「平成28年度エコ農業学校」開催します。
第1回講座は参加希望者は、下記「平成28年度エコ農業学校第1回講座」チラシをご覧ください。

青森県独自のエコファーマーマーク制定のお知らせ

 青森県では、本県エコファーマーの認知度向上とエコファーマーが生産した県産農産物の消費拡大に資するため、「青森県エコファーマーマーク」を制定しました。
 使用に当たっては、下記「青森県エコファーマーマーク使用要領」をご覧ください。

【青森県エコファーマーマーク】
ecomark
マーク変更・廃止届様式 ◇一太郎版 一太郎ファイル 24KB ◇ワード版 ワードファイル 46KB ◇PDF版
マーク使用状況報告書 ◇一太郎版 一太郎ファイル 25KB ◇ワード版 ワードファイル 47KB ◇PDF版

「エコファーマー」とは?

「エコファーマー」の認定を受けるには?

  • エコファーマーの認定を受けるためには、次の3つの農業生産方式に取り組む必要があります。
     ■ 有機質資材施用技術
     ■ 化学肥料低減
     ■ 化学合成農薬低減

     本県では、農業者が導入すべき農業生産方式等を具体的に示した「青森県持続性の高い農業生産方式の導入に関する指針」 PDFファイル 510KBを、水稲やりんごなど61作物について定めています。
     
「持続性の高い農業生産方式」の内容
技術区分 技術内容
有機質資材施用技術 □ 堆肥等有機質資材の施用
□ 緑肥作物のすき込み
 
化学肥料低減技術 □ 作物の根の周辺への局所施肥
□ 有機質肥料の施用
□ 肥効調節型肥料の施用
 
化学合成農薬低減技術 □温湯による種子消毒
□ 機械による除草
□ 除草用動物の利用
□ 生物農薬の利用
□ 対抗植物の利用
□ 抵抗性品種や台木の利用
□ 土壌還元による消毒
□ 熱による土壌消毒
□ 光の利用
□ 被覆栽培
□ フェロモン剤の利用
□ マルチ栽培
 

>>各作物の技術内容の一覧表
 
  >>作物ごとの詳しい技術内容等については、
「青森県持続性の高い農業生産方式の導入に関する指針」をご覧ください。
 
  • エコファーマーになるには、「持続性の高い農業生産方式の導入計画」作成から始まります。
    計画作成等に関しては、最寄りの地域県民局地域農林水産部の農業普及振興室にご相談ください。  
    「導入計画」などの様式がダウンロードできます。
     >>「認定申請書・変更申請書・実施状況報告書様式」 ◇「一太郎」版 ◇「ワード」版
 

「エコファーマー」認定後は?

  • 「農業改良資金」の償還期間が、10年(据置期間3年)から、12年(〃3年)に延長になる特例措置が受けられます。
     

「エコファーマー」の認定期間は?

  • エコファーマーの認定有効期間は「認定を受けた年の5年後の年度末(目標年度)まで」となります。

    目標年度に達した認定者が、新たな技術の追加や技術内容の変更、導入作物の種類・面積の拡充等を図り、新たな目標を設定して取り組む場合には、改めて導入計画を作成し最寄りの地域県民局地域農林水産部へ提出してください。
    審査会で審査の結果、基準に適合した方がエコファーマー認定者となります。
     

この記事についてのお問い合わせ

食の安全・安心推進課 環境農業グループ
電話:017-734-9353  FAX:017-734-8086

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度