林道


林道の役割 整備目標 事業の紹介

 林道の役割

林道は、わたしたちの暮らしに欠かせない大切な森林を守り育てるためには、なくてはならない道です。

林道を整備することにより、山に入りやすくなり、林業機械や山に植える苗木などの運搬、植栽・下刈・間伐・枝打ちなど森林整備の促進、木材や林産物の搬出、山火事の防止活動や消火活動などに利用することができます。

また、山村地域の生活道や災害時の避難路としての役割も持っており、近年は、森林とのふれあい、保健休養、森林浴など森林を訪れる人々のアクセス道としても必要性を高めています。

このように林道はわたしたちの生活に様々な目的で利用され、重要な役割を果たしています。

木材集積の様子<木材を集積しているところ>

木材運搬の様子<木材を運んでいるところ>


















十二湖公園線でのキャニオンウォーク
十二湖公園線でのキャニオンウォーク

合子沢線での第10回あおもりCUPサイクリングロードレース大会
合子沢線を会場に
第10回あおもりCUP
サイクリングロードレース大会

⇒ 整備目標
⇒ 事業の紹介


このページに関するお問い合わせは、林政課治山・林道グループまで

トップページヘ   森を育てるのページへ

青森県林政課