森 で 働 く


年々成長を続ける森林は、森で働く人たちによって、適正に維持・管理され、守られています。
主な森の仕事としては、人工林をつくる仕事と、そこから木材を収穫する仕事があげられます。

森で働くことは、豊かな自然のなかで森づくりを通じて環境を守る、たいへん意義のある仕事ですが、高い技術と体力が求められる厳しい仕事でもあります。

山村の過疎化や高齢化により、林業に従事する人の数は年々減少しています。

このままでは、森林の手入れが遅れ、放置された森林は、本来の公益的機能を果たすことができなくなってしまいます。

県では森で働きたい人に対する様々な雇用対策を進めています。

プロセッサーによる枝払いの様子
高性能林業機械”プロセッサー”
による枝払いの様子
また、森林に関する知識や森林整備に必要な技術の普及を行う事業や、林業者に対する支援事業を行っています。

また近年、森林ボランティアによる森林整備も盛んになっています。
【人工林をつくる仕事】 【木材を収穫する仕事】
  • 伐採(チェーンソー、高性能林業機械)
  • 集材(伐採した丸太を集める、運ぶ)
  • 造林(枝払い、玉切り)

【森で働く人たち】

・森林組合
・指導林家
・青年林業士
グリーンマイスター
森林ボランティア

このページに関するお問い合わせは、林政課企画グループまで

青森県林政課