森林の「団地化」
「施業・経営の集約化」



森林所有者のみなさんへ

個人が持つ小規模な森林であっても、周囲の森林とまとまりを作る(団地化する)ことで、コストを抑えた効率的な森林整備(施業・経営の集約化)を行うことができます。

また、その規模が30ha以上ある場合は、森林施業計画制度造林補助制度をより有効に活用することができます。

自分の所有森林の団地化に興味のある方は、お近くの県の出先機関や森林組合などに相談してみることをおすすめします。


森林組合、林業事業体、NPOなど林業を行うみなさんへ

「長期の受委託」という言葉をご存知ですか。

森林の施業・管理に知識や技術、経験を持つ意欲ある担い手となる皆さんが、森林所有者と5年以上の受委託契約などを結ぶことにより、森林所有者に代わって森林の施業・管理を行うことができます。

森林整備地域活動支援交付金制度では、林業事業体などが、森林所有者の方に森林の施業を積極的に提案するために必要な森林の調査や報告などを行う「森林情報の収集活動」を支援します。


こんな制度を活用できます

森林施業計画制度

30ha以上の団地的まとまりを持った森林を計画的に施業するために、5年間の計画を作成する制度です。

計画を作成した森林には、税制・融資上の優遇措置や、補助金制度での補助率のアップなどが設けられています。

森林整備地域活動支援交付金制度

森林の手入れを行うために必要な地域活動を支援する制度です。

具体的には、森林のまとまりを作るために行う「森林情報の収集活動」や、森林施業計画が作成されている森林で行う「施業実施区域の明確化作業」、「歩道の整備等」に対して、交付金を交付します。

造林補助制度

苗木を植えたり、混み合った木を間引きする「間伐」など、実際に森林の手入れを行う作業に必要な経費を補助する制度です。


このページに関するお問い合わせは、林政課森林計画グループまで

トップページヘ   森を育てるのページへ

青森県林政課