森と水のふれあい
体験教室
山・川・海をつなぐ森林環境教室〜中南地区〜
開催日 体験内容
平成18年9月9日(土) 森の大切さを学ぼう
   「ネイチャーゲーム」(黒石市 中野紅葉山)

木のぬくもりを感じてみよう
   「木工教室」(平川市 虹の湖水辺の広場)


川とダムの役割を学ぼう
   「浅瀬石川ダム資料館見学」
   (黒石市 浅瀬石川ダム)
森の大切さを学ぼう
オリエンテーション
体験活動をはじめる前に、山と川と海のつながりについて、説明をうけました。
ネイチャーゲーム
まずは、自然の生態系などを知るため、ネイチャーゲームを行いました。
カモフラージュでは、みんな無言で真剣に人工物を探していました。
カモフラージュ「みつからないよー」
木のぬくもりを感じてみよう
木工教室
私たちが山の木を生活の道具や家などに積極的に使うことで、山の手入れが進み、山が健康になります。このことは、おいしい水をはぐくむために大変大切なことなのです。
まずその一歩として、木で風車を作り、木を利用するということを体験しました。
風車作成中
川とダムの役割を学ぼう
浅瀬石川ダム資料館見学
浅瀬石川ダムの中と資料館を見学しました。山が水を蓄える働きをしていること、ダムは自然の働きでは補いきれない部分を補助していることがわかりました。電気をつくる働きもしているそうですよ。
ダム堤体見学


トップページへ   戻る

青森県林政課