ホーム > プレスリリース > 2018年 09月 > 青森県内飲食店の麺類の塩分調査結果(平成29年度まとめ)を作成しました

更新日付:公開日:2018年9月10日

青森県内飲食店の麺類の塩分調査結果(平成29年度まとめ)を作成しました

内容

青森県は、がん、心臓病、脳卒中等の生活習慣病による死亡率が高く、平均寿命も全国最下位の状況
が続いており、青森県健康増進計画「健康あおもり21(第2次)」の中の栄養・食生活分野では「食塩
摂取量の減少」「野菜摂取量の増加」等に取り組んでいるが、「平成28年度青森県県民健康・栄養
調査」の結果では、成人の1日の食塩摂取量が10.5gと目標の8g未満を達成しておりません。
そこで、中華めんの購入数が多い青森県の食生活の現状から、外食において主な主食となる麺類
(ラーメン・うどん・そば)のスープや汁の塩分調査を青森県食生活改善推進員連絡協議会に委託
し、県内飲食店で実施しました。
つきましては、本調査の平成29年度の結果のまとめを作成しましたのでお知らせします。
なお、本事業を受託しました、青森県食生活改善推進員連絡協議会会長へのインタビューを希望する
場合は、下記日程で対応可能であることをお知らせします。

日時:平成30年9月11日(火)9時00分~10時00分
場所:県庁北棟2階A会議室
対応者:青森県食生活改善推進員連絡協議会 会長 山谷詠子

日程

2018年09月11日09時00分〜10時00分

お問い合わせ

がん・生活習慣病対策課
健やか力推進グループ
芳賀
017-734-9212

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度