ホーム > プレスリリース > 2018年 09月 > 平成30年畜産生産情報第5号を発行しました

更新日付:公開日:2018年9月7日

平成30年畜産生産情報第5号を発行しました

内容

◎家畜伝染病の防疫対策にしっかりと取り組もう。
◎適期収穫と正しい調製作業で良質な自給飼料を確保しよう。



◇ 乳用牛 ~牛群検定成績を活用した飼育管理の改善~
乳成分は個体の栄養状態を表しているため、数値の変化に十分注意し、必要に応じて給与飼料を
増減する。また、乳質改善のため、個体別の体細胞数を把握するとともに、乾乳期のディッピングに
よる乳房炎の予防や早期の治療を行う。

◇ 肉用牛 ~肥育牛の飼育管理~
敷料の交換や飼槽の掃除などを定期的に行うとともに、暑熱時には送風機等によりストレスを軽減さ
せる。また、ビタミンA欠乏症や尿石症には特に注意し、予防と早期治療に努める。

◇ 豚 ~人工授精による効率的な肉豚の生産~
人工授精を活用し、産肉性に優れ、斉一性の高い肉豚を生産するとともに、種雄豚の飼育頭数を減ら
すなどして生産コストを低減する。

◇ 鶏 ~青森シャモロックの飼育管理~
飼育密度に注意し、必要な場合はデビーク(断嘴)を行う。また、病原体の侵入を防ぐため、踏
込み消毒槽を設置するとともに、鶏コクシジウム症の発生予防のため、マニュアルに沿ったワクチン
接種を行う。開放部にネットや金網を設置し、鶏舎への野生動物の侵入を防ぐ。

◇ 草地・飼料作物 ~トウモロコシサイレージ及び稲発酵粗飼料の調製~
1 トウモロコシをサイレージに調製する場合、黄熟期に収穫し、速やかかつ厳重に密封する。細断
型ロールベーラ体系では、黄熟後期に収穫し、ラップフィルムを8層巻きにする。
2 牧草収穫作業機でロールベールサイレージに調製する場合は、土砂の混入に注意し、予乾・反転
作業は1回に止める。

日程

2018年09月07日

添付資料

お問い合わせ

畜産課
経営支援グループ
上原子 俊之
017-734-9496

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度