ホーム > プレスリリース > 2018年 09月 > 稲作生産情報第7号(要約)

更新日付:公開日:2018年9月5日

稲作生産情報第7号(要約)

内容

稲作生産情報第7号(要約)

青森県「攻めの農林水産業」推進本部

登熟状況にばらつきが見られるので、十分見極めて適期に刈取りしよう!
適期刈取りと適正な乾燥調製で良質米生産に努めよう!

1刈取適期の予測
刈取始期の目安となる各市町村の出穂最盛期から算出した積算気温960℃到達日は、津軽地域は9月
16日~23日頃、県南及び津軽半島北部地域は9月21日~10月2日頃と予想される。
また、出穂始めから算出した積算気温960℃到達日は、これより2~7日程度早まるものと予想され
る。

2収穫作業の準備
コンバインや乾燥調製施設の掃除・点検・整備や試運転は早めに実施するとともにほ場内の排水溝設
置や排水路の整備など、降雨対策を実施する。

3刈取り・乾燥・調製
刈取適期は、ほ場全体の籾が90%程度黄化した時期を目安とする。本年は出穂後の低温により、登熟
の遅れやばらつきが見られることから、刈取りに当たっては、ほ場毎に籾の黄化程度を観察するとと
もに、部分刈りを行って青未熟粒の混入割合を調査して判定する。また、補助的に枝梗の黄化程度、
籾水分等を考慮し総合的に判断する。
乾燥後の仕上がり水分は15.0%を目標とする。過乾燥は、胴割粒の発生や品質・食味の低下につなが
るので、こまめな水分測定で適正な乾燥に努める。
米選機の網目は1.9mmを使用し、適正な流量を守り、整粒歩合80%以上を目標に調製する。

4わら焼きの防止
わら焼きの煙は、人の健康を害したり交通の妨げになるばかりでなく、誘致企業の操業や観光産業な
ど、あらゆる社会活動の障害となっている。稲わらは絶対に焼却しない。
稲わらは、堆肥や家畜の飼料等への有効活用や、条件の良いほ場では秋の鍬込みを積極的に行う。

日程

2018年09月05日

添付資料

お問い合わせ

農産園芸課
稲作振興グループ
月沢主査
017-734-9480

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度