ホーム > プレスリリース > 2018年 02月 > 日本原燃(株)再処理事業所 屋外貯蔵所(管理区域外)における軽油の漏えいについてお知らせします

更新日付:公開日:2018年2月1日

日本原燃(株)再処理事業所 屋外貯蔵所(管理区域外)における軽油の漏えいについてお知らせします

内容

日本原燃株式会社から

・2月1日、11時40分頃、再処理事業所 屋外貯蔵所 敷地内西側(非管理区域)に
おいて、日本原燃社員がホイルローダにて除雪作業を行っていたところ、ホイルローダの
バケット部を誤って屋外貯蔵所に貯蔵している軽油ドラム缶に接触させ、ドラム缶1本
(200リットル)を破損し、雪上に軽油が漏えいした。
・漏えいした軽油は、万一の際の緊急対策用資機材の運搬用車両などの燃料として貯蔵
(200リットルドラム缶×219本)していたもので、漏えいした軽油の量は最大200リット
ル程度と推定。
・雪上に漏えいした軽油の回収作業を終了し、土への軽油の浸透がないことを確認すると
ともに、念のため周辺への中和剤の散布も実施。
・敷地外への軽油の漏えいは確認されておらず、環境への影響はなく、またけが人もな
し。

との連絡を受けました。

県では、原子力センター職員を現地に派遣するとともに、事業者に対して原因と対策につ
いて詳細な報告をするように求めました。

日程

2018年02月01日

添付資料

お問い合わせ

原子力安全対策課
安全対策グループ
課長代理 松田大
017-734-9253

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度