ホーム > プレスリリース > 2018年 01月 > 原子力災害時における避難支援表示板を整備しました

更新日付:公開日:2018年1月31日

原子力災害時における避難支援表示板を整備しました

内容

1 概要
原子力災害時に円滑な住民避難を実施するため、避難が必要となった際に避難行動要支援
者が集まる一時集合場所を平時から住民等に周知する表示板を、東通村内に整備しまし
た。

2 設置場所 小田野沢地区学習等供用センター ほか32箇所(別紙のとおり)

3 設置方法 壁面式:31箇所、自立式:2箇所

4 表示内容
・原子力災害時一時集合場所
・一時集合場所の名称
・東北電力 東通原子力発電所(1号機)からの距離(km)
・避難時の留意事項 など

5 特徴
防水蓄光顔料を採用し、電源不要で夜間でも機能する標識。暗所では板全体が発光し、文
字が黒く浮き上がることで、深夜の災害や停電時でも視認することができます。

日程

2018年01月31日

添付資料

お問い合わせ

原子力安全対策課
企画防災グループ
松田 大 課長代理
017-734-9252

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度