ホーム > プレスリリース > 2015年 05月 > 平成27年畜産生産情報第2号を発行しました

更新日付:2015年5月8日 

平成27年畜産生産情報第2号を発行しました

内容

◎家畜伝染病の防疫対策にしっかりと取り組もう。
◎公共牧場の有効活用と自給飼料の安定確保を進めよう。

<要約>

◇ 乳用牛 ~周産期疾病を防ぐ飼育管理~
1 泌乳期から乾乳期への移行時は、飼育環境の急変を避けるようにし、乾乳牛は、自由
 運動や日光浴をさせるよう心掛ける。
2 分娩後は食い込みを確認しながら濃厚飼料の給与量を増やし、粗飼料は良質のものを
 給与する。

◇ 肉用牛 ~放牧中の飼育管理~
  放牧開始時は肢蹄の病気やけがに特に注意し、早期発見・早期治療に努める。また、
 殺ダニ剤によるピロプラズマ病の予防や、塩分・ミネラルの補給にも注意する。

◇ 豚 ~繁殖豚の飼育管理~
  繁殖豚の飼育管理については、過肥や発育不良とならないよう、給餌の仕方に気をつ
 ける。

◇ 鶏 ~青森シャモロックの飼育管理~
1 発育段階に応じた青森シャモロック用飼料等を給与する。
2 鶏舎の出入口には踏込み消毒槽を設置し、消毒の徹底に努める。また、作業衣・作業
 靴等は鶏舎ごとに専用のものを着用する。
3 異常鶏を発見した場合は、速やかに家畜保健衛生所に連絡し、指導を受ける。

◇ 草地・飼料作物 ~草地及び飼料畑の管理~
1 ロールベール乾草は、品質低下を防ぐため、水分20%以下で梱包するようにする。
2 1番草収穫後は速やかに追肥を行い、2番草の再生と収量確保に努める。
3 サイレージ用とうもろこし畑は、土壌処理剤、生育期用除草剤を適切に利用し、雑草
 防除に努める。

関連ホームページ

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

畜産課
経営支援グループ 技師 加藤陽平
017-734-9496

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度