ホーム > 観光・文化・歴史(県史)・自然 > 自然保護 > 「青森県生物多様性戦略」を策定しました

更新日付:2014年3月28日 自然保護課

「青森県生物多様性戦略」を策定しました

生物多様性基本法第13条に基づき「青森県生物多様性戦略」を策定しました。

戦略策定の経緯

 平成24年度から2ヶ年度にわたり、有識者及び実践者等により構成される「青森県生物多様性地域戦略検討委員会」による検討、庁内関係課により構成される「青森県生物多様性地域戦略策定庁内連絡会議」での庁内意見のとりまとめ、県内4地域(青森市、八戸市、弘前市、むつ市)において開催した「県民ワークショップ」(延べ12回開催)での御提言等を元に検討を進め、パブリックコメントにより広く県民の皆様の御意見・御提言をいただき、平成26年3月に「青森県生物多様性戦略」を策定しました。

青森県生物多様性戦略の概要

目的
 県内において絶滅の危機に瀕している生物が900種を越えるなど、生物多様性の危機が増大しており、地域の生物多様性の保全や地球規模の生物多様性に配慮した行動を促進することが重要となっています。
 そこで、生物多様性の保全と持続可能な利用に向けた将来の姿を明確にするとともに、具体的な施策の方向性や様々な主体の役割を示し、自然と共生した社会の実現を目指すものです。
基本理念
「いきものたちを育み恵みを授ける自然と共に生きるあおもり」
 自然に対し畏敬の念を持ち、先人たちが歩んできた自然との営みの中で日々の生活を見つめ直し、本県の豊かな生物多様性に裏打ちされた暮らしを再認識するとともに、いにしえから自然と共生してきた地域として、様々な生き物たちが織り成す命の輪を守り、自然の恵みを授かりものと感謝し、真の豊かさを実感できる、「いきものたちを育み恵みを授ける自然と共に生きるあおもり」を基本理念とした、あおもり型の自然共生社会の構築を目指します。
2050年目標と7つの戦略
 青森型の自然共生社会を実現するため、2050年の目指すべき姿と、今後10年間で取り組むべき方向性を7つの戦略として示しています。
2050年目標「知る」~人と自然のつながりを理解し次代に伝えるあおもり~
  • 戦略1 「生物多様性に関する知見の充実や人材の育成を図る」
  • 戦略2 「県民の生物多様性に関する理解を促し保全意識を育む」
2050年目標「活かす」~生物多様性がもたらす恵みを活かすあおもり~
  • 戦略3 「自然環境に配慮し生物多様性の恵みの持続可能な利用を図る」
  • 戦略4 「生物多様性の恵みを評価し新たな価値を創造する」
2050年目標「守る」~いきものたちの命を守り育てるあおもり~
  • 戦略5 「野生鳥獣と人との調和共存を図る」
  • 戦略6 「絶滅のおそれのある野生生物やそれらを育む生態系を保全する」
みんなで取り組む
  • 戦略7 「多様な主体の参画と協働による生物多様性保全活動を促進する」

青森県生物多様性戦略(PDFデータ)

青森県生物多様性戦略概要版
青森県生物多様性戦略
パブリックコメントでの御意見
自 然 へ戻る

この記事についてのお問い合わせ

自然保護課 自然環境グループ
電話:017-734-9257  FAX:017-734-8072

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度