ホーム > 観光・文化・歴史(県史)・自然 > 自然保護 > 青森県内の温泉について

更新日付:2016年1月25日 自然保護課

青森県内の温泉について

青森県の温泉の概要

温泉王国青森~青森県は、国内有数の温泉県です~
平成27年3月末現在

 ・源泉総数 1,089(全国第6位)
 ・温泉地数 132(全国第5位) 
 ・総湧出量(単位:L/分) 137,554 (全国第5位)
 ・温泉を利用した公衆浴場数 284 (全国第6位) 
 ・42℃以上の源泉数 658(全国第6位) 

国民保養温泉地

国民保養温泉地とは
 全国にある温泉地のうち、温泉利用の効果が十分期待され、かつ健全な温泉地とし
て優れた条件を備えている地域。
 環境省(当時は環境庁)が昭和29年から指定しており、平成27年5月までに全国92ヵ所
指定されています。 
青森県内にある国民保養温泉地
青森県には環境省から指定された2つの国民保養温泉地があります。 

【酸ヶ湯温泉】青森市の一部
 ・泉質:酸性-含硫黄・ナトリウム-硫酸塩泉(硫化水素型)
 ・医治効能:神経痛、筋肉痛、慢性消化器病、動脈硬化症、きりきず、やけど、慢性皮膚病等
 ・指定年月日:昭和29年10月11日


【薬研温泉】 むつ市の一部
 ・泉質:単純温泉
 ・医治効能:神経痛、筋肉痛、慢性消化器病、痔疾、疲労回復等
 ・指定年月日:昭和46年3月23日

この記事についてのお問い合わせ

自然保護課 自然公園グループ
電話:017-734-9256  FAX:017-734-8072

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度