ホーム > 観光・文化・歴史(県史)・自然 > 自然保護 > 白神山地エコツーリズム

更新日付:2012年3月14日 自然保護課

白神山地エコツーリズム

  • 沢辺漁港から見る白神山地
  • マタギと語らう夕べ
  • シラネアオイ
  • ヤナダキの沢

エコツーリズムとは

鰺ヶ沢町焼きイカ通りの散策
 エコツーリズムとは、地域ぐるみで自然環境や歴史文化など、地域固有の魅力を観光客に伝えることにより、その価値や大切さが理解され、保全につながっていくことを目指していく仕組みです。観光客に地域の資源を伝えることによって、地域の住民も自分たちの資源の価値を再認識し、地域の観光のオリジナリティが高まり、活性化させるだけでなく、地域のこのような一連の取り組みによって地域社会そのものが活性化されていくと考えられます。
 (環境省「エコツーリズムのススメ」より引用)

白神山地 自然と文化体験ツーリズム

 県では、平成22年から2カ年事業で「白神山地自然と文化体験ツーリズム推進事業」を実施しました。
 白神山地周辺の西目屋村、鰺ヶ沢町、深浦町におけるエコツーリズムの体制整備に取り組み、平成24年3月にパンフレット「白神山地 自然と文化体験ツーリズムのススメ」を発行しました。
白神山地自然と文化体験ツーリズムのススメ PDFファイル 6,084KB
 白神山地を知り尽くした案内人(ガイド)と共に歩きながら、白神山地の森の豊かさや、自然と共生してきた暮らしや文化の奥深さを味わっていただくとともに津軽弁で迎える人々の温かな人柄にも触れていただくことができるプログラムを紹介しています。

 内容 ●おススメプログラム
     ●旬の見どころカレンダー
     ●服装や持ち物について(注意事項)
     ●観光施設・宿泊施設ガイド   など

環白神エコツーリズム推進協議会

十二湖散策
 平成23年2月、環白神エコツーリズム推進協議会が設立されました。
 協議会はエコツーリズムを通じた環白神地域(白神山地世界遺産地域及びその周辺地域)の振興及び環白神地域の自然・文化資源の保全と適正利用を推進します。
 協議会は環白神地域の共通課題である「持続可能な地域づくり」、「観光振興の基盤づくり」に向け、環白神エコツーリズムの推進を図ります。


環白神エコツーリズム推進協議会 


リンク

青森県観光情報サイト

関連タグ

この記事についてのお問い合わせ

自然保護課自然環境グループ
電話:017-734-9257  FAX:017-734-8072

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度