ホーム > 生活・環境 > 環境・エコ > 実績報告は11月21日まで!「スマートムーブ通勤月間(10月)」の報告をお願いします!

更新日付:2017年11月6日 環境政策課

実績報告は11月21日まで!「スマートムーブ通勤月間(10月)」の報告をお願いします!

☆新着情報☆
様式2実績報告書(集計用シート付き)[29KB]を修正し、差替えました。(H29.11.6)
(修正内容:計算式を修正。変更前と入力する内容に変更はありません。)
参加登録事業所を公表しました!(H29.10.13)
スマートムーブ通勤月間実施要領を掲載しました。(H29.8.28)
 青森県では、乗用自動車からの二酸化炭素(CO2)排出量が1990年度比で約4割以上増加しており、県民一人ひとりが自動車に依存したライフスタイルを見直すことが必要です。
 そこで県では、公共交通機関や徒歩、自転車など環境に優しい通勤手段への転換や、マイカー通勤時のエコドライブに取り組むきっかけづくりとして、平成29年度スマートムーブ通勤月間を実施することとしました。
「スマートムーブ」について詳しくはこちらから
 今年度は、スマートムーブ通勤月間にご参加いただいた事業所の中から、 優れた取組内容の事業所を「スマートムーブ通勤アワード」において表彰します(3事業者程度) 。ぜひご参加ください。

スマートムーブ通勤月間 参加登録事業所

スマートムーブ通勤月間の趣旨に賛同し、環境にやさしい通勤に取り組んだ事業所の皆様を公表しています。(参加登録事業所とは、県に「参加登録書」のご提出があった事業所です。)→事業所のリストはこちら

スマートムーブ通勤とは?

エッコ―
10月のスマートムーブ通勤月間の期間中は、できるだけ環境にやさしい通勤に取り組みましょう。

○マイカー通勤の方は、10月中、下記(1)(2)の取組を 5日以上(どちらか一方のみでも、組み合わせてもOK!) 実践しましょう。
(1)マイカー通勤をできるだけ控えて、公共交通機関(電車・バス)、自転車、徒歩など ノーマイカー通勤 に取り組みましょう。
(2)マイカー以外の通勤手段がない場合は、 エコドライブ通勤(※) に取り組みましょう。
※エコドライブ通勤とは、「エコドライブ10のすすめ」から5つ以上のポイントを実践すればOK!

○普段から公共交通機関、自転車、徒歩などエコ通勤を実践している方は、そのままでスマートムーブ通勤実践者です!

スマートムーブ通勤月間の実施期間・実施地域・参加対象

○実施期間 平成29年10月1日(日)~平成29年10月31日(火)
○実施地域 県内全域
○参加対象 スマートムーブ通勤月間の趣旨に賛同する県内の事業所(個人での参加も可能としますが、参加登録は不要とします。)

スマートムーブ通勤月間の実施方法

(1)参加登録
 スマートムーブ通勤月間の参加を予定する事業所は、様式1「平成29年度スマートムーブ通勤月間参加登録書」に必要事項を記入し、FAX・E-mail等により県に提出してください。
 なお、参加登録書を提出しなかった事業所でもスマートムーブ通勤月間に参加することができます。
2 参加登録事業所名の公表
 県は、参加登録書を提出した事業所については、「参加登録事業所」として事業所名を県のホームページ等で公表します(公表を希望しない事業所を除きます。)。
3 スマートムーブ通勤の呼びかけ
 スマートムーブ通勤月間に参加する事業所(以下「参加事業所」といいます。)は、下記のとおり所属職員等へスマートムーブ通勤の自主的な実施を呼びかけてください。
 なお、スマートムーブ通勤の参加者とは、下記(1)、(2)の取組を合わせて5日以上実践した通勤者及び下記(3)の通勤者とします。
(1)ノーマイカー通勤
 マイカー通勤者(参加事業所に勤務する方で、交通費の支給の有無にかかわらず、日常的にマイカーで通勤している方をいいます。)に対して、ノーマイカー通勤(公共交通機関、徒歩、自転車又は自動車の相乗り等による通勤)の自主的な実施を呼びかけてください。
(2)エコドライブ通勤
 (1)のノーマイカー通勤の実施が困難であるマイカー通勤の方に対して、エコドライブ通勤(「エコドライブ10のすすめ」のうち、5つ以上のポイントを実践)の自主的な実施を呼びかけてください。
(3)公共交通機関、徒歩、自転車による通勤の継続
 普段からノーマイカー通勤を実践している方には、その継続を呼びかけてください。
4 実績報告
 実施期間中のスマートムーブ通勤の実施状況(以下「実施状況」といいます。)を別紙2「平成29年度スマートムーブ通勤月間実績報告書(以下「実績報告書」といいます。)」にとりまとめ、 平成29年11月21日(火)までに FAX・E-mail等により県に提出してください。
 なお、参加者が多い等の理由により、事業所単位での実施状況のとりまとめが困難な場合は、部署など事業所より小規模な単位で実施状況をとりまとめ、複数枚の実績報告書を県に提出することができます。
5 実施結果・参加事業所名の公表
 県では、参加事業所から報告結果を取りまとめ、県全体の参加事業所数、スマートムーブ通勤実施人数、CO2削減量等を県のホームページ等で公表します。
 また、併せて、実績報告書を提出した事業所を「参加事業所」として公表します。

スマートムーブ通勤アワードの実施

 スマートムーブ通勤月間に積極的に取り組んだ事業所を表彰します!
1 表彰の対象
 提出期限内に実績報告書を提出した事業所のうち、スマートムーブ通勤月間の趣旨を理解し優れた取組を行った事業所を3事業所程度表彰します。
2 表彰基準
 提出された実績報告書の内容により、以下の項目について審査を行います。
○事業所内において積極的にスマートムーブ通勤の実践を呼びかけていること。
○事業所内においてスマートムーブ通勤に取り組みやすい環境の整備に努めていること。
○通勤に伴うCO2排出量削減効果の増大に向けた創意工夫を行っていること。
3 表彰の決定、方法及び公表
○県環境生活部環境政策課において、表彰基準に基づき審査を行い決定し、受賞者あてに通知します。
○審査において必要がある場合は、記載内容の確認を電話等で行います。
○受賞者については、平成30年1月9日(火)に県民福祉プラザ(青森市)で開催する「もったいない・あおもり県民運動10周年記念大会」において表彰状を授与します。
○なお、受賞した事業所の名称・取組内容は、県のホームページ等で公表します。

様式などのダウンロード

(スマートムーブ通勤月間参加者対象)スマートムーブ体験記コンテストに応募しませんか?

 スマートムーブ通勤に取り組んで感じたことを、良かったことなどを体験記にして投稿しよう!入賞者には素敵な賞品を贈呈します!
 詳しくはこちら

この記事についてのお問い合わせ

環境政策課 低炭素社会推進グループ
電話:017-734-9243  FAX:017-734-8065

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度