ホーム > 生活・環境 > 環境・エコ > 平成30年度「親子で楽しく学ぶ体験型環境教育プラン企画運営業務の企画提案」を募集します

更新日付:2018年3月26日 環境政策課

平成30年度「親子で楽しく学ぶ体験型環境教育プラン企画運営業務の企画提案」を募集します

青森県では、県民の環境に対する意識の向上と環境配慮行動の拡大を図るため、事業者、NPOなど様々な主体が連携・協働して行う地域資源を活用した親子で楽しく学べる体験型の環境教育プランの企画を募集します。詳しくは、募集要項等を御覧ください。
1 業務の内容
(1)業務の名称
親子で楽しく学ぶ体験型環境教育プラン企画運営業務
(2)目的
ごみ減量などの3Rや温室効果ガス削減等の環境課題に対応し、県民意識の向上、環境配慮行動の拡大を図る上で環境教育は不可欠であり、環境教育を効果的に推進していくためには、事業者、NPOなど様々な主体が連携・協働し、地域社会が一体となって取組を進めていく必要があります。
このため、本業務では、県民の環境に対する意識の向上と環境配慮行動の拡大を図るため、事業者、NPOなど様々な主体が連携・協働して行う地域資源を活用した親子で楽しく学べる体験型の環境教育プラン(以下「環境教育プラン」という。)の企画を募集し、優秀提案をモデル事業として実施するものです。
(3)業務内容
環境木養育プランを企画提案し、採択されたプランを実施・運営します。
項目 内容
対象者 小学生までの親子(子と祖父母等との参加も可)
テーマ (1)ゴミ減量など3Rに関すること。
(2)省エネルギー、再生可能エネルギー、気候変動など地球温暖化対策に関すること。
(3)生物多様性、水環境など自然環境保全に関すること。
((1)~(3)のいずれか又は組み合わせてもよい)
体験型の活動 見学や座学のみでなく、参加者が自然体験や社会体験、生活体験等の実体験を通じて環境への理解を深めることができる企画を盛り込むこと。
【例1】資源リサイクルやエネルギーを学ぶ施設見学と分別体験・発電実験
【例2】生ごみ減量の学習とエコ料理の実習
【例3】動植物(生物多様性)・地形地質・河川等の自然環境を学ぶ観察会
など
事業者や他団体等との連携・協働 事業者や他の団体等との連携・協働が図られている企画であること
【例1】事業者が所有する施設や資機材等を提供
【例2】他団体等のスタッフが講師・ガイドを実施
など
実施時期 契約締結日から平成30年10月31日までの間で企画内容に適する時期

(4)注意事項
(1)親子で楽しみながら環境について学べる内容であること。
(2)集合から解散まで1日で実施でき、多くの者が参加できるよう広く参加者の募集を行うこと。同様の内容を複数回実施してもよい。
(3)参加者及び実施者の安全確保が図られていること。
(4)本事業は、環境教育プランの新たな提案を求めるものであり、既に実施している事業や取組は対象としません。
※既存の事業や取組に対する補助金、助成金ではありません。
(5)他の補助金や助成金等を受けて実施する事業ではないこと。
(6)企画提案競技審査で選考された企画提案について、プラン名や実施場所等の変更を要する場合は、事前に県と協議すること。
(5)業務の期間
契約締結日から平成30年11月30日まで。ただし、環境教育プランの実施時期は、契約締結日から平成30年10月30日までとします。
(6)実績報告書
(1)受託者は、事業が完了した日から30日以内又は平成30年11月30日のいずれか早い日までに事業の実施概要を記録した実席報告書を県に1部提出し、その検査を受けること。検査の合格をもって本事業の完了とします。
(2)前項の実績報告書には、事業の実施年月日、内容、参加人数、写真等の事業実施状況が確認できる記録及び参加者の反応、事業実施による成果や課題等を含めること。
2 委託業務の上限
1提案225,000円(消費税及び地方消費税を含む。)を上限とします。
3 委託業務の対象経費
対象経費は、環境教育プランの実施に要する経費(人件費、謝金、交通費、使用料及び賃借料、消耗品費、役務費等)とします。ただし、備品購入費や施設整備等のハード事業に係る経費、経常的な運営費、その他事業との関連性が認められない経費(打合せ会議等の茶菓代等)については対象外とします。
なお、参加者の募集に係る広報は、県が協力します。

4 応募資格
応募資格を有する者は、特定非営利活動法人、企業、その他の法人(地方公共団体を除く。)及び団体等(市町村の協力が得られる等の団体等に限る。)とし、次の要件を全て満たしていること。
(1)青森県内に事務所、事業所又は活動拠点を有していること。
(2)受託事業について十分な業務執行能力を有し、適正な経理執行体制を有していること。
(3)地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の4の規定により、本県における一般競争入札に参加できない者でないこと。
(4)会社更生法(平成14年法律第154号)による更正手続又は民事再生法(平成11年法律第225号)による再生手続を行っていないこと。
(5)宗教活動又は政治活動を主たる目的とする団体でないこと。
(6)暴力団又は暴力団員の統制の下にある団体でないこと。
(7)県税、消費税及び地方消費税等の滞納がないこと。
5 応募方法
以下により応募書類を提出してください。
(1)応募資格
参加申込書(様式1)ワードファイル[22KB]
企画提案書(様式2)ワードファイル[28KB]
(2)提出期限等
提出期限 平成30年5月10日(木)午後5時
提出場所 青森県環境生活部 環境政策課
提出部数 6部(正本1部、副本5部)
提出方法 持参(土・日、祝日を除く、)又は郵送により提出してください。
6 質問の受付
本業務の内容・使用等に関する質問がある場合は、次により受け付けします。
提出書類 質問票(様式3)ワードファイル[22KB]
受付期限 平成30年4月16日(月)午後5時
受付場所 青森県環境生活部 環境政策課
提出方法 持参(土・日、祝日を除く。)、郵送、メール又はファックスにより提出してください。
回答方法 平成30年4月20日(金)までに県のホームページに掲載します。
7 審査・選考方法
1次審査(書類審査)及び2次審査(公開で実施する企画提案競技審査会)を実施し、審査会委員による審査を経て、予算の範囲内で4件程度の優秀提案を選考します。
環境教育プラン企画提案競技審査要領PDFファイル[351KB]
8 環境教育プラン企画提案募集要項・業務仕様書
(1)応募者の提出する企画提案は2案までとします。
(2)企画提案に要する経費及び提出に要する費用は、応募者の負担とします。
(3)応募資格を満たさない者の提出した書類又は虚偽の記載のあった書類は無効とします。
(4)提出された書類は、返却しないものとします。
(5)提出された書類は、選定を行う作業に必要な範囲において、複製を作成することがあります。

9 スケジュール
平成30年4月16日(月)午後5時 質問受付期限
平成30年4月20日(金)質問回答
平成30年5月10日(木)午後5時 企画提案書提出期限
平成30年5月18日(金)1次審査(書類審査)結果通知
平成30年5月28日(月)2次審査(企画提案競技審査会(公開))[プレゼンテーション審査、契約候補者の選考]
平成30年5月30日(水)2次審査結果通知
平成30年6月上旬 契約締結

10 書類の提出及び問い合わせ先

環境生活部 環境政策課 環境管理グループ(県庁北棟7階)
住所 郵便番号 030-8570 青森市長島一丁目1番1号
電話 017-734-9241
FAX  017-734-8065
Mail kankyo@pref.aomori.lg.jp

この記事についてのお問い合わせ

環境政策課 環境管理グループ
電話:017-734-9241  FAX:017-734-8065

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度