ホーム > 生活・環境 > 環境・エコ > 環境マネジメントシステム導入のヒント

更新日付:2015年2月23日 環境政策課

環境マネジメントシステム導入のヒント

 現代の環境問題は、公害などの地域的な問題に加えて、地球温暖化、オゾン層の破壊、酸性雨など、地球規模で深刻化しています。
 これらの環境問題は、大量生産、大量消費、大量廃棄型の社会経済システムやライフスタイルに起因していますが、特に地球温暖化問題は、その予想される影響の大きさや深刻さから見て、人類の生存基盤に関わる最も重要な環境問題の一つであり、これらの問題に対応し持続可能な発展をしていくためには、経済社会活動のあらゆる局面で環境への負荷を減らしていかなければなりません。

 そのため、事業者には、規制に従うだけでなく、その活動全体にわたって、自主的かつ積極的に環境保全の取組を進めていくことが求められています。環境マネジメントシステムは、そのための有効なツールです。

 ここでは、事業者の方々が環境マネジメントシステムを導入する際の参考としていただくために、システム導入の手順、方法等についてご紹介します。

環境マネジメントシステムとは
環境マネジメントシステム導入のメリット
環境マネジメントシステムの実施手順

この記事についてのお問い合わせ

環境政策課 環境管理グループ
電話:017-734-9241  FAX:017-734-8065

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度