ホーム > 生活・環境 > 環境・エコ > エコドライブ実践モニター結果について

更新日付:2012年3月15日 環境政策課

エコドライブ実践モニター結果について

青森県では、自動車の瞬間燃費や平均燃費などをリアルタイムで表示する燃費計のモニター10名を募集し、エコドライブの実践方法を学ぶ実技講習会の受講前後で燃費を比較することにより、エコドライブの効果を「見える化」し、エコドライブの普及啓発を図ることを目的として、「エコドライブ実践モニター事業」を実施しました。

「エコドライブ」とは?→詳しくはこちら(「青森県エコドライブ推進運動」http://www.pref.aomori.lg.jp/nature/kankyo/ecodrive.html

【モニター結果の概要】
モニター期間中、
最大で約20.6%の燃費改善!
実技講習会では、 最大で49. 5%の燃費改善!
詳しい結果が知りたい方はこちら→ エコドライブ実践モニター結果について(詳細版).pdf
1 モニター期間
平成23年10月1日(土)~11月19日(土)
2 モニター内容
(1)燃費等データの計測・報告
日常的に使用している自動車に燃費計を取り付け、モニター期間中に得られた燃費等データを報告していただきました。
(2)エコドライブ実技講習会の受講
平成23年10月29日(土)に開催した実技講習会で、エコドライブの実践方法等を学んでいただきました。
(3)アンケートの協力
アンケート調査に協力していただきました。
3 モニター対象者
以下の10名の方に、モニターとしてご協力いただきました(順不同・敬称略)。
氏名 松田美穂子 (女性) (男性) 三島貴敬 佐久間一行
年齢 40代 30代 20代 40代 20代
運転歴 11~20年 11~20年 4~10年 21~30年 11~20年
居住地 おいらせ町 六ヶ所村 青森市 青森市 弘前市
勤務先
事業所名
(株)小原工業 (株)鳥山土木工業
大矢建設工業(株) (株)盛興業社 国立大学法人弘前大学
勤務地 十和田市 六ヶ所村 青森市 青森市 弘前市
主な用途 通勤・業務 通勤・業務 通勤・業務 通勤・業務 その他

氏名 青嶋和明 (男性) (男性) 仲宗根俊介 (男性)
年齢 40代 30代 20代 20代 30代
運転歴 21~30年 4~10年 4~10年 4~10年 11~20年
居住地 深浦町 藤崎町 平川市 青森市 青森市
勤務先
事業所名
(株)サン・コーポレーション
(株)堀江組
(株)堀江組
青森マツダ自動車(株) 青森県環境保健センター
勤務地 五所川原市 弘前市 弘前市 青森市 青森市
主な用途 通勤 通勤 通勤 業務 業務

※公表を希望しないモニターの方は匿名にしています。
4 モニター結果
(1)モニター期間中の燃費計測結果(改善率の低い方から順に並べています。)
モニターNo. 1 2 3 4 5
受講前
(km/L)
16.21 15.32 13.30 14.57 11.18
受講後
(km/L)
15.38 14.83 13.49 14.82 11.52
改善率
(%)
-5.12 -3.20 1.43 1.72 3.04

モニターNo. 6 7 8 9 10
受講前
(km/L)
12.63 9.94 15.42 13.24 9.55
受講後
(km/L)
13.07 10.50 16.75 15.60 11.52
改善率
(%)
3.48 5.63 8.63 17.82 20.63

※燃費は、運転方法のほか、使用方法や道路状況等(例:近距離or遠距離、道路渋滞or空いている、雪道or乾燥等)の条件にも大きく影響されるため、これらの条件が通常と大きく異なる期間のデータは除いて算出しています。

実技講習会(10/29)の受講前(普段どおりの運転)と受講後(エコドライブによる運転)では、
平均で約5.4%、最大で約20.6%の燃費改善!

※ 受講後の燃費が改善しなかったケースでは、気温の低下によるアイドリングの増加やスタッドレスタイヤへの交換などによる燃費悪化が、エコドライブによる燃費改善効果を上回ったことが原因であると考えられます。
 また、燃費計を取り付けることによって燃費を意識して運転するようになるため、受講前から普段より燃費が改善しており、受講後の燃費改善の余地が少なかったことも要因の一つと考えられます。

【燃費改善によるメリット】
年間走行距離12,000km・燃費20%改善(10→12 km/L)で、
自動車からのCO2排出量を年間で464kg削減!
ガソリン代を年間で28,000円節約! (ガソリン単価140円/Lの場合)

自分の自動車について燃費改善のメリットを知りたい方はこちら→ 燃費改善効果計算シート.xls
(2)エコドライブ実技講習会(エコトレーニング青森)
・開催日時
平成23年10月29日(土) 9:00~12:00
・開催場所
青森県運転免許センター(青森市三内字丸山198-4)
・受講者数
14名(モニター、県職員等)
・講習内容
単に省エネ技術を習得するのではなく、「安全を第一とし、交通の流れを阻害しない範囲で燃料消費を抑えた運転」を理解してもらうことを目的に以下のとおり実施。
  • 事前走行
    事前走行
  • 座学
    座学
  • 実技講習
    実技講習
  • 事後走行
    事後走行
  • ディスカッション
    ディスカッション
  • 電気自動車試乗会
    電気自動車試乗会
・エコドライブ実技講習会における燃費計測結果 (改善率の低い方から順に並べています。)
事前走行(普段どおりの運転)と事後走行(エコドライブによる運転)では、
平均で約27.4%、最大で49. 5%燃費改善!
また、同一車種でも、 運転者・運転方法が違えば、70%燃費が変化!
受講者No. 1 2 3 4 5 6 7
事前走行(km/L) 10.6 12.1 10.4 12.7 9.1 10.6 11.2
事後走行(km/L) 11.1 14.2 12.3 15.3 11.0 12.9 14.2
改善率(%) 4.7 17.4 18.3 20.5 20.9 21.7 26.8

受講者No. 8 9 10 11 12 13 14
事前走行(km/L) 10.3 9.4 10.1 10.6 9.0 10.7 9.1
事後走行(km/L) 13.2 12.2 13.3 14.2 12.4 15.2 13.6
改善率(%) 28.2 29.8 31.7 34.0 37.8 42.1 49.5

エコドライブの実践は、CO2排出量の削減により地球温暖化防止に役立つだけでなく、ガソリン代の節約や安全運転にもつながります。
地球にも、お財布にも、人にもやさしいエコドライブを、ぜひ実践してみてください。
「エコドライブ」の実践方法は?→詳しくはこちら(「青森県エコドライブ推進運動」http://www.pref.aomori.lg.jp/nature/kankyo/ecodrive.html

この記事についてのお問い合わせ

環境政策課 低炭素社会推進グループ
電話:017-734-9243  FAX:017-734-8065

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度