ホーム > 生活・環境 > 環境・エコ > エコドライブに関するアンケート

更新日付:2014年3月10日 環境政策課

エコドライブに関するアンケート

 県内にお住まいの方々を対象に、エコドライブに関するアンケートを実施しました。
 青森県でのエコドライブの認知度、取組状況はどうなっているのでしょうか?

エコドライブに関するアンケート

【 実施期間 】  平成26年2月1日~平成26年2月28日
【有効回答者数】 488人
Q) エコドライブという言葉を聞いたことがありますか?また、内容についてご存じですか?
 回答者のほとんどがエコドライブの言葉を聞いたことがあり、また、3人に2人はどのような内容かも知っているということでした。言葉としては既に定着しているといえそうです。

 回答者の年代別では、30代が全体の22.95%、40代が30.53%、50代が24.59%と多かったのですが、40~50代の方々が内容についてもよく知っているという回答が特に多くありました(下図参照)。
Q) エコドライブという言葉を何でお知りになりましたか?
 「エコドライブ」という言葉について、ラジオ・新聞・テレビ・インターネットなどのメディアを通じて知った方が最も多かったです。
(※行政の広報はまだまだ普及啓発に工夫の必要がありそうです。)

また、「その他」の中では、自動車関係の雑誌、JAF((一社)日本自動車連盟)の刊行誌で知ったという回答が複数ありました。

Q) エコドライブと聞いてどういうイメージがありますか?
 イメージとしては「環境にやさしい行動だと思う」と「ガソリンが節約できそう」の2つが最も多く、次いで「安全運転になりそう」という回答が多くありました。
 否定的なイメージの中では、「車の流れを阻害したり、後続の車にあおられそうでイヤ。」という回答が最も多く、自由回答欄でも実際にそのような経験があってイヤになったという方もいました。
 ここに、「エコドライブ=ノロノロ運転」という誤解があるかと思われます。
 「エコドライブ」とは、エネルギー消費を抑えた運転技術のことであり、決して常にゆっくりとしたスピードで運転するわけではありません。アクセルをあまり踏まずにゆっくり運転すれば、その車の燃費はよくなるかもしれませんが、他の車の流れを阻害し、渋滞を生むことで、全体として地球環境に悪影響を与えてしまうことになります。
 渋滞の原因を作らない程度におだやかに発進し、先の状況に注意を払いながら、一定の速度で走行するのがエコドライブのコツです。
Q) エコドライブを実践されていますか?
 回答者のうち、8割近くの方が実践済でした。
 なお、エコドライブのテクニックについては、「エコドライブ10のすすめ」というわかりやすくまとめたポイントがあります。
 これについて、既に実践しているもの、(実践していないが)実践できそうなもの、実践できないと思うものについても調査しました。

[エコドライブ10のすすめ]
 既に実践しているものとしては、 「減速時の早めのアクセルオフ」「加速・減速の少ない運転」「ふんわりアクセル」 が多いようでした。エコドライブのテクニックとして、認知度が高いものと言えそうです。
 また、今後取り組みやすそうなものとしては、 「渋滞を避け、余裕をもって出発」「タイヤの空気圧点検」「不要な荷物を下ろす」 などでした。

また、年代別では、40代・50代の方々が積極的に実践しているとの回答でした。
Q) エコドライブを実践した結果、どのような効果がありましたか?
 エコドライブの言葉のイメージでは、「環境にやさしい行動」「ガソリンが節約できそう」といったことが上位にあがりましたが、実践した結果、実感する効果で最も上位のものは「安全運転になった」でした。
 なお、特に効果を実感していないという回答も65名ありました。燃費については、車に燃費を表示できる機能がない場合、記録していないと実感しづらいかもしれません。
Q) エコドライブを実践するため、どういうサービスなら利用したいと思いますか?
 「燃費計貸出」、「エコドライブ宣言(ステッカー貼付など)による割引制度」を希望する方が多くありました。

 なお、県で実際に実施している事業は以下のとおりです。
★燃費計の貸出  (※「青森県エコドライブ推進運動」のページにあります)
★エコドライブ・ステッカーのプレゼント  (※「青森県エコドライブ推進運動」のページにあります)
★エコ・アドバイザー養成講習会  (※エコドライブのインストラクターを養成する講習会です)
★エコドライブ実技講習会  (※運転免許のある方なら誰でも受講できる講習会です)
★あおもりエコ&セーフティドライブフェア  (※エコ&セーフティドライブのイベント。H25は省エネフェアと同時開催。)
 また、青森県におけるエコドライブに関する情報は、こちらのページにまとめて掲載されています。
 → エコドライブについて
Q) エコドライブを普及していくには、どんな広報が効果的?
 これについて、「とても有効だと思う」と「まあまあ有効だと思う」を合わせて「有効」としてグラフ化したものが以下のとおりです。
 集中的なキャンペーン、免許更新時等でのPR、ホームページによる情報発信、環境関連イベントでのPRを有効と考える方が多いようです。
 一方、公共施設等にポスター、チラシを掲示することについてはあまり有効と思われないようでした。
Q)以下の業種のエコドライブ実践についてどう思われますか?
 これについてグラフ化したものが以下のとおりです。
 タクシーについては、「エコドライブよりも早く目的地に着くことを優先してほしい」という声が多いかと思いましたが、意外と一番実践してほしいという声が多くありました。エコドライブ=安全運転のイメージも強いため、安全を優先してほしいという要望が高いということでしょうか。
 いずれの業種も実践すべきと考える方が多いようです。積極的にエコドライブを実践していると宣言することで、企業イメージも向上する可能性があります。
※なお、このアンケートに関するレポートは以下のpdfファイルにまとめています。

エコドライブに関するアンケート~実施結果~ PDFファイル 1,108KB

※利用したウェブアンケートは以下のとおりです。

青森県ウェブアンケート「あおもリサーチ」

この記事についてのお問い合わせ

環境政策課 低炭素社会推進グループ
電話:017-734-9243  FAX:017-734-8065

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度