ホーム > 生活・環境 > 環境・エコ > 特定有害物質の種類ごとの基準値一覧

更新日付:2017年9月25日 環境保全課

特定有害物質の種類ごとの基準値一覧

土壌溶出量基準:法第6条第1項に規定する要措置区域の指定基準の一つであり、土壌に水を加えた場合に溶出する特定有害物質の量に関するもの(規則第31条第1項、規則別表第三)
土壌含有量基準:法第6条第1項に規定する要措置区域の指定基準の一つであり、土壌に含まれる特定有害物質の量に関するもの(規則第31条第2項、規則別表第四)

第一種特定有害物質

特定有害物質の種類 土壌溶出量基準(mg/L) 土壌含有量基準(mg/kg)
クロロエチレン 0.002以下
四塩化炭素 0.002以下
1,2-ジクロロエタン 0.004以下
1,1-ジクロロエチレン 0.1以下
シス-1,2-ジクロロエチレン 0.04以下
1,3-ジクロロプロペン 0.002以下
ジクロロメタン 0.02以下
テトラクロロエチレン 0.01以下
1,1,1-トリクロロエタン 1以下
1,1,2-トリクロロエタン 0.006以下
トリクロロエチレン 0.03以下
ベンゼン 0.01以下

第二種特定有害物質

特定有害物質の種類 土壌溶出量基準(mg/L) 土壌含有量基準(mg/kg)
カドミウム及びその化合物 0.01以下 150以下
六価クロム化合物 0.05以下 250以下
シアン化合物 検出されないこと 50以下
水銀及びその化合物 水銀が0.0005以下、かつ、
アルキル水銀が検出されないこと
15以下
セレン及びその化合物 0.01以下 150以下
鉛及びその化合物 0.01以下 150以下
砒素及びその化合物 0.01以下 150以下
ふっ素及びその化合物 0.8以下 4,000以下
ほう素及びその化合物 1以下 4,000以下

第三種特定有害物質

特定有害物質の種類 土壌溶出量基準(mg/L) 土壌含有量基準(mg/kg)
シマジン 0.003以下
チオベンカルブ 0.02以下
チウラム 0.006以下
ポリ塩化ビフェニル 検出されないこと
有機りん化合物 検出されないこと

この記事についてのお問い合わせ

環境保全課 水・大気環境グループ
電話:017-734-9242  FAX:017-734-8081

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • LINE

フォローする

  • facebook
  • twitter

みなさんの声を聞かせてください

このページの内容に満足しましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

送信前に確認

このページの県民満足度

県民満足度